体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ひび割れたスマホディスプレイを再利用したグラス

ひび割れたスマホディスプレイを再利用したグラス

ストーリーは終わりからはじまる──。

そんなコンセプトのもと、あらゆる廃棄物をつかって新たなプロダクトを生み出すイギリスのクリエイティブユニット「PENTATONIC」。ゴミを宝物にかえるリメイクものは数知れず。けれど、割れたスマホの画面を使うという発想は聞いたことがない。

しかも、それをグラスにしてしまおうというのだから。

バリバリに割れたディスプレイ
そこに「宝」を見出した

運が悪かった……では済ませられないほど自己嫌悪したくなる瞬間。どんなに気をつけていても、ケアしていても、驚くほどたやすく割れるときは割れる。それが、スマホのディスプレイ。もう、諦めるしかないのだけれど、あのやるせなさは一体なんだろう。

と、すっかり脱線してしまったわけではない。なぜなら、このコップこそあの忌々しいひび割れの終着地、というか再出発の地だった。ひび割れたスマホディスプレイを再利用したグラス© PENTATONICひび割れたスマホディスプレイを再利用したグラス© PENTATONIC 多くの人の「やるせなさ」あるいは「情念」がべっとりと染み付いたバリバリのディスプレイからつくったグラスがこれ。色合いといい、質感といい、なんとなくだかディスプレイのそれだ。ひび割れたスマホディスプレイを再利用したグラス© PENTATONICひび割れたスマホディスプレイを再利用したグラス© PENTATONIC

4個セットで約6500円なら、まあ考えられなくもないし、むしろディスプレイのリサイクル品という物珍しさだけでも食指が動く。

スマホとしての役目を終え、ユーザーの元を離れ、回収したディスプレイだけを生かす。ユニークなのは、落とせばこちらも割れたり欠けたりするという点。姿形は変えても、こちらもスマホ同様に大切に扱いたくなるんじゃないかな。Top photo: © PENTATONICReference: PENTATONIC

関連記事リンク(外部サイト)

スマホを持っていることが「時代遅れ」になるときがやってくる。
「月の明かり」をグラスに沈めて飲み干す、特別な夜。
ソムリエから支持される「世界最高のワイングラス」

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。