体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

地元民が選ぶ!「沖縄そば」おすすめ8選♪那覇・国際通りのお店も

地元民が選ぶ!「沖縄そば」おすすめ8選♪那覇・国際通りのお店も

「沖縄そば」がおいしいお店を、舌の肥えた地元ライターが厳選!那覇・国際通りのおすすめ店もご紹介します。

地元民に愛されるお店は、食べて納得の味なのでぜひ訪れてみて♪

記事配信:じゃらんニュース

そもそも「沖縄そば」って?

「沖縄そば」は、ダシは主に豚とカツオだしが使われています。地域やお店によって、麺の太さが異なり、ダシも鶏や昆布を加えるなど、独自の味を出しているから食べ比べてみるのもおすすめ!

「沖縄そば」のトッピングは、一般的に三枚肉、かまぼこ、島ねぎ、しょうが!

トッピングのお肉が、三枚肉だと「沖縄そば」、ソーキ(スペアリブ)だと「ソーキそば」というふうに、上にのっている具によって名前が変わりますが、基本的にはそばのダシも麺も変わりません。

また薬味は、「紅ショウガ」「一味・七味粉トウガラシ」「コーレグース(島トウガラシを泡盛でつけたもの)」が欠かせないですね!

単品で「沖縄そば」と使われる場合と、「ソーキ(スペアリブ)そば」など他メニューも含めた“総称”としての意味合いで「沖縄そば」と使われる場合があります。

沖縄そばのおすすめ店

沖縄そばとおでん すーまぬめぇ

先取りしよう♪「すーまぬめぇ」待望の2号店が国際通りにオープン!

沖縄そばとおでん すーまぬめぇ2018年4月26日オープン!沖縄の守り神シーサーがお出迎えしてくれる

地元民が自信をもっておススメする、ホンモノの美味しい沖縄そば♪ そんな「すーまぬめぇ」のおそばが国際通りでいただける!

「すーまぬめぇ」の沖縄そばは塩ベースの鰹昆布の出汁スープで、上品なスープがよく染みこんだお肉と食べやすい細麺が好バランス!

綺麗な店内は、カウンター席もあるのでおひとり様でも気軽に入ることができ、座敷は区切りのある空間なので、家族連れでも落ち着いて味わうことができます。

泡盛20種類の品揃えとドリンクも豊富なので、夜は沖縄おでんと島酒、締めに「すーまぬめぇ」沖縄そば♪という楽しみ方もできちゃいます!

※写真や情報は2号店のものになります沖縄そばとおでん すーまぬめぇ「すーまぬめぇスペシャルセット」 三枚肉、ソーキ(スペアリブ)、てびち(豚足)の3種が味わえるまさにスペシャルな一杯!ジューシー(沖縄の炊き込みご飯)と、通にうれしいフーチバー(ヨモギ)が添えらえている沖縄そばとおでん すーまぬめぇ「てびちそば」てびち(豚足)は上品な味でプルプルお肌もプルプル 沖縄そばとおでん すーまぬめぇ

住所/沖縄県那覇市松尾2-8-34市場アパート1F

営業時間/10時~23時

定休日/火曜日

アクセス/【国際通り】平和通り内 牧志公設市場近く

駐車場/30分200円

「沖縄そばとおでん すーまぬめぇ」の詳細はこちら

金月(きんちち)そば 国際通りむつみ食堂店

こだわりの自家製麺はモチモチ!沖縄そばではめずらしい生麺の食感を楽しめる

金月(きんちち)そば 国際通りむつみ食堂店沖縄県産小麦を使用した麺はコシがあり、魚節からとった天然スープとよく絡み絶品
1 2 3 4 5次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。