体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

宇宙飛行士のためにつくられた「3つの香り」

宇宙飛行士のためにつくられた「3つの香り」

どんなにクサいと思っても、5分後には僕たちの鼻はそれに慣れている。柔軟剤や香水を変えたときにイイ香りだと感じても、すぐに“無臭”になっている。

Ani Liuさんがつくる香りは、私たちがもっとも慣れ親しんだものであるがゆえイメージすら湧いてこない。だけど、宇宙飛行士にとっては大きな意味があるようだ。

「最愛の人」と「実家」
そして「大地」の香り

当然ながら、宇宙飛行士は地球の大気圏から離れ、無重力空間での生活を強いられる。つまり彼らは、一時的に“地球の香り”を感じていないことになる。

「もっと頻繁に宇宙に行けるようになって、大気圏の外で暮らせるとしたら、私たちが知っている地球の記憶はどうなるのでしょうか?」

Aniさんは多くの人に地球とのつながりを大切にして欲しいと考えた。

そして、まずは宇宙飛行士のために「最愛の人」と「生まれ育った家」、「大地」の匂いがする3種類の香水を作ろうと決意。宇宙飛行士のためにつくられた「3つの香り」© Steve Boxall

実際に宇宙に持っていける香水はあるのか?どうやって持続的に香りを放つ仕組みをつくるのか?好きなときに匂いを嗅ぐにはどうしたら良いのか?

Aniさんは、「MIT Media Lab Space Initiative」と「International Flavors and Fragrances (IFF)」の協力を得て、これらの課題を解決していった。宇宙飛行士のためにつくられた「3つの香り」© Ani Liu

長い時間を費やして導き出したのが、ダイヤル式で3つの匂いを嗅ぎ分けられるネックレス型のアイテムだ。液体ではなく、香りを放つ小さな玉が入っている。

現時点では確かに宇宙飛行士向けの製品。しかしAniさんは、一般人が月や火星に行けるようになる未来を見据えている。

今はまだ“無臭”だと考えられている匂いも、多くの人が恋しく思う日が来るのだろうか。Top photo: © Steve BoxallReference: Ani Liu(HP), (Instagram), (Twitter)

関連記事リンク(外部サイト)

世界初、民間の「宇宙飛行士訓練センター」
「宇宙の先」にたどり着いた宇宙飛行士は何を見る?
身長が約5cm伸びた!?宇宙飛行士・スコット・ケリーのカラダに起きた不思議

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。