体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マヨ+ケチャップのアレをめぐって、アメリカが大盛り上がり

マヨ+ケチャップのアレをめぐって、アメリカが大盛り上がり

マヨネーズとケチャップを1:1の割合で混ぜ合わせたら……はい、そうですオーロラソース。日本人の私たちにしてみたら、家庭で、自分たちでつくるもの。ところが、どうやらアメリカにおいては少々事情が違うようでして。

ケチャップの大手メーカー「ハインツ」が、ペルシャ湾諸国でのみリリースしているソース(マヨチャップ)をめぐり、アメリカ国民が「ぜひ本国に!」と懇願しているとか。

ここに紹介するライターCollete Reintzの記事は、2018年4月「Elite Daily」にて公開されたもの。そこから2ヶ月、マヨチャップ熱は今も継続中!

50万に迫る嘆願ツイート
「早く、マヨチャップを!」

マヨ+ケチャップのアレをめぐって、アメリカが大盛り上がり© oatawa/Shutterstock.com

夏場のバーベキュー(BBQ)が楽しみで仕方がない今日この頃。もし、あなたがBBQで調味料にこだわるタイプなら、ハインツの新商品「マヨチャップ」には心が弾むはず。

じつはこれ、BBQシーンで必ずといっていいほど登場するふたつの調味料を合体させたもの。どこで入手できる?そもそも、アメリカで買えるの?

と、その前に。

なんとなく察しは付いていると思いますが、マヨチャップの正体はハインツ・リアル・マヨネーズとハインツ・ケチャップのブレンド。現在(2018年4月時点)、これが買えるのはペルシャ湾のアラブ諸国のみ。ですが、みんなの支持のおかげで、アメリカへと渡ってくる日も、そう遠くないようです。

というのも、マヨチャップリリースに合わせハインツ社が4月11日より実施したツイッター投票が予想を上回る数字を示したから。

この投票、調味料ファンに向けて「スーパーでマヨチャップが並んだら嬉しいか?」を問いかけたもの。

「早くマヨチャップを!!」こんな投票がじつに50万も集まったというんだから。どうやらマヨチャップがアメリカの店頭に並ぶ日もそう遠くない!ソースラバーは、さっそくマヨチャップレシピを考えておかないとね。

マヨチャップ発祥論争まで!?

今夏のBBQまでには入手可能と想定しているアナタ、たぶん正解。支持者も着々と数を伸ばし、目標数50万まで残り8万票あまり。

ハインツのマーケティングディレクターNicole Kulwicki氏は、自身のステートメントにおいて、こう前向きに表明しました。

「マヨチャップがアメリカでローンチする見込みです!」

投票はあと2日で終了(すでに終了)、4月15日までに清き一票を。マヨチャップのアメリカリリースはほぼ確実というところで、次のステップは気になるネーミング。

ここでもKulwicki氏。

次なるお題は、このおいしい組み合わせのネーミング。アイダホやユタ州の方々はフライソースに並々ならぬ『愛』を持っているようですし、ステキな提案がたくさん寄せられているので、500,000票に到達したら、ネーミングもみなさんにお任せしようかと思っています。

どうやらこの食欲をそそるマヨネーズとケチャップの組み合わせには、すでにたくさんのネーミングが寄せられているよう。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。