体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

CHANSUNG (From 2PM)、初のソロツアーが閉幕! ノンストップ・ノーMCで駆け抜ける本編&笑顔とトークに沸いたアンコール

CHANSUNG (From 2PM)、初のソロツアーが閉幕! ノンストップ・ノーMCで駆け抜ける本編&笑顔とトークに沸いたアンコール

 2PMのメンバーであるチャンソンが、自身初となるソロツアー【CHANSUNG (From 2PM) Premium Solo Concert 2018 “Complex”】を開催、6月7日 東京・中野サンプラザホールにて閉幕した。

CHANSUNG (From 2PM)ライブ写真(10枚)

 客電が落ち、無音のモダンダンスからスタートした斬新な構成は、もはやライブの域を越え“戯曲”を彷彿させる。ファンからの熱いラブコールに、かねがね「必ずモダンダンスはやります!」と豪語していたチャンソン。客席は固唾を飲んで見守る、未だかつてない空気に包まれた。その後もステージ上の“恋愛”ストーリーに沿って、一切の説明無しで「Miss You」のライブ・パフォーマンスに。立て続けに繰り出される歌とダンスに魅了された会場のボルテージはどんどん上がっていく。新曲「Treasure」の披露は勿論、中盤のコミカルな芝居、生着替えと、様々なアプローチでエンターテインメントを届ける姿勢に、表現者としての愚直なまでの誠実さを感じさせる。ストーリーも佳境に差し掛かり、恋愛の縺れを大胆なダンスや「何度でも」で表現。エモーショナルに膝を突き、崩れ落ちるチャンソンに酔いしれる観客たち。そして「Fading away」と共に恋は終わりを迎え、気持ちを整理するかのようにステージセットを徐々に畳んで行くチャンソン。本編の最後は、バラード曲「香水」でしっとりと締め括られた。

 ほぼノンストップ・ノーMCで駆け抜けた本編なだけに、アンコールでは今回のソロコンサートに対する想いを一気に吐露。2PMの末っ子らしいチャーミングな笑顔とトークに満員の会場が沸いた。

ライブ写真 撮影:田中聖太郎

関連記事リンク(外部サイト)

CHANSUNG(From 2PM) お宝“ひょっこり”カットも含む新曲「Treasure」MV公開
JUNHO(From 2PM)、ソロ作品『想像』7月リリース! 発売記念イベント&アリーナ公演ファイナルも決定
JUNHO (From 2PM) 冬の全国ソロツアー、日本武道館で終幕! 夏ツアー決定も

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。