体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

GLIM SPANKY、abn長野朝日放送高校野球テーマソングに「Freeder」が決定

GLIM SPANKY、abn長野朝日放送高校野球テーマソングに「Freeder」が決定

 GLIM SPANKYの「Freeder」が、7月7日に開幕する第100回全国高校野球選手権記念長野大会を中継するabn長野朝日放送テーマソングに決定した。

その他 関連画像一覧

 2017年9月に放送された7時間生放送番組『みつめて!信州生テレビ2017』にGLIM SPANKYがゲスト出演したことをきっかけに、長野朝日放送ではニュース番組や情報番組で地元出身の2人の音楽活動を取材。今年の4月には夕方のニュース番組『abnステーション』内で、アコースティック演奏による「All Of Us」を全国初披露している。

 長野朝日放送は1991年の開局以来高校野球長野大会の中継をおこない、記念すべき第100回大会のテーマソング決定にあたっては、長野県の高校球児を勇気づけ、鼓舞し、元気にする楽曲として「Freeder」が最適と考え、決定に至っている。そして「Freeder」の歌詞は高校球児の姿そのものに重なる内容でもあり、彼らの熱いプレーを後押ししてくれるテーマソングとして広く視聴者に届くことを期待しているという。「Freeder」は同大会の中継、ニュース番組、特設サイト、大会DVD等において使用される。また高校野球長野大会の模様は、長野朝日放送と長野県内ケーブル各社との協業により全84試合をabn高校野球特設サイトで生中継配信する予定とのこと。

 この決定に対して、GLIM SPANKYの亀本寛貴は「僕自身長野県の高校で三年間サッカーに明け暮れましたが、日本において野球部というのは他のスポーツ以上に長い歴史や伝統や文化のあるとても素晴らしいものだと思います。なので選手の皆さんには「野球人」としての自信と誇りを持って全力で、そしてフェアにプレーして欲しいと思います。僕たちの楽曲が選手の皆さんや視聴者の皆さんの背中を少しでも押せたら嬉しいです!」とコメントしている。

関連記事リンク(外部サイト)

<ライブレポート> GLIM SPANKY 自由を掲げ、日本の音楽シーンを揺るがす存在へ
GLIM SPANKY 路上で「All Of Us」熱唱! 内藤剛志と二度目のドラマ共演
GLIM SPANKY 最新アルバムのアナログ盤発売!“レコードで聞くことを前提”として作られた作品

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。