体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

様々な視点から音楽を体感するワークショップ【agehasprings Open Lab. vol.2】開催

様々な視点から音楽を体感するワークショップ【agehasprings Open Lab. vol.2】開催

 2018年5月27日、agehasprings主催のワークショップ・イベント【agehasprings Open Lab. vol.2】が、東京・青山学院 アスタジオにて開催された。

 手掛けた作品の総売上枚数は1億枚を突破、現在のJ-POPシーンを語る上で欠かせない存在となったクリエイター集団、agehasprings。この日、「音楽をもっと知りたい、わかりたい」と集まった参加者70人に向け、様々な視点から音楽を体感する楽しさを提唱するため、普段なかなか見ることのできないプロの仕事風景を3部に分けて実演した。司会は、お笑いトリオ“グランジ”のメンバーであり、Tokyo FM『SCHOOL OF LOCK!』のメイン・パーソナリティも務める遠山大輔。

 1部と3部では、YUKIやJUJU、Aimerなどのプロデュースを手掛けるagehasprings代表の玉井健二と、中島美嘉やflumpoolなど数々の楽曲を手掛ける百田留衣による【公開ボーカルレコーディングワークショップ】を開催。ボーカリストには、前回の8倍を上回る応募の中から、シンガーソングライターの富田拓志が選ばれた。

 レコーディング前に設けられたディスカッション・タイムで、音楽を始めたきっかけや、これまでの音楽遍歴など、富田に対して次々と質問を投げかけていく玉井。これらの質問は作品作りに重要な要素で、この打ち合わせから作品のコンセプトが決まっていくという。今回は「ライブを大事にしたい」という富田の意思から、「『ライブのボーカルが毎度こうならお客さんが増えていく』という一つの物差しになるような作品」が仮コンセプトに決まった。

 レコーディングする楽曲は、富田のオリジナル楽曲「十二月の風」だ。初めにモニター・チェックを兼ねてワンコーラスを歌唱した後、玉井が「言葉の頭ははっきり」「サビはメロディがとても良いから、オーバーな感情はいらない。でも声量は大きく」といった、細かいニュアンスを丁寧にディレクションし、楽曲の良さを際立たせていく。富田もそれらの指示に対応していく中で、短い時間ながらも格段にスキルアップする様子を見せた。そうして録音されたテイクは、この後百田によるエディット、トリートメントを経て、第3部にて公開されることに。

 第2部では、木村カエラや菅田将暉など様々なアーティストへの楽曲提供、アレンジを手掛ける音楽プロデューサー、飛内将大が【公開アレンジワークショップ】と題し、楽曲ができ上がるまでの制作背景を解説。アレンジのワークショップといっても、小難しい雰囲気ではなく、司会の遠山との掛け合いも和やかに進行していった。

 飛内は、「産卵しているところを見られているような気持ち」と話しつつ、iPhoneのボイスメモに録音された鼻歌や、楽曲のイメージや仮タイトルが書かれた貴重なメモを公開。さらに、それらが弾き語りのデモ、打ち込みのデモ、そして製品版へと進化していく過程も披露され、すべて聴き終わった後には客席から拍手が巻き起こった。現在、打ち込みのデモのストックは9,500曲にも及ぶという飛内は、自身のクリエイティブについて、「ニワトリだから、産まないとスッキリしないんですよ」と語った。

 そして第3部では、1部でレコーディングされた楽曲がいよいよお披露目。百田曰く「直すというより作る、クリエイト」された楽曲は、ファーストテイクとは別物とも思える完成度の高い作品に。富田も思わず「この人いいなって思いました」と自画自賛したくなるほどの仕上がりとなった。

 さらに百田は、限られた時間にも関わらず「この曲を音源にするとしたら」という仮コンセプトで作られたアレンジ・バージョンも公開。バンド・サウンドや弦楽器が取り入れられた、まさに「プロの仕業」といったクオリティで会場を驚かせた。

 イベント終盤、感想を尋ねられた富田は、「次はプロになってみなさんとお仕事したい」と目を輝かせ、玉井も「(富田を)単純に応援したい。才能を能力に変換して、結果を出していってもらいたい」とエールを送った。また、イベント終了後には会員限定イベント【agehasprings The Lab.】も開催。本編では語られなかった、もう一歩先の制作秘話や質問コーナーなど、充実の内容となった。

 なお6月23日には、玉井がホストとなり、業界をリードする様々なプロフェッショナルたちをゲストを迎えたトークセッション・イベント【agehasprings Produce ≪node_vol.2≫ クリエイターズトークセッション】が開催される。内容は【OKAZAKI LOOPS 2018】で行われる≪node_vol.2≫に紐づいた、ステージの制作背景を知ることが出来るトーク・セッションを予定している。

Photo by 保井崇志(@_tuck4)

◎イベント情報
【agehasprings Open Lab. vol.2】
2018年5月27日(日)
東京・青山学院 アスタジオ
出演:玉井健二(音楽プロデューサー/agehasprings CEO)
百田留衣(音楽プロデューサー/agehasprings)
飛内将大(音楽プロデューサー/agehasprings)
MC:遠山大輔(グランジ)

◎イベント情報
agehasprings Open Lab. presents
【agehasprings Produce ≪node_vol.2≫ クリエイターズトークセッション】
2018年6月23日(土)
京都・ロームシアター京都 パークプラザ3階 BOOK & ART GALLERIA 共通ロビー
チケット:無料 (事前申込優先着席)
※一般参加応募受付は2018年6月1日(金)~6月8日(金)23:58を予定
※『agehasprings The Lab.』会員優先で先行申込の受付を行うので、一般枠の定員には限りあり

関連記事リンク(外部サイト)

【agehasprings】EDM枠には収まりきらない“アヴィーチー”ことティム・バークリングの功績
【agehasprings】新曲「Change」に見る、ONE OK ROCKが世界に挑戦し続けるワケ
【agehasprings】カミラ・カベロ、日本人にも伝わるラテンミュージックの底力とは

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。