体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ポルカ・雫、吉岡里帆に未だ連絡できず「ガツガツいったら嫌われちゃうんじゃないか…」

ポルカ・雫、吉岡里帆に未だ連絡できず「ガツガツいったら嫌われちゃうんじゃないか…」
J-WAVEで放送中の番組『SPARK』(火曜担当ナビゲーター:雫<ポルカドットスティングレイ>)。6月5日のオンエアでは、雫がボディピアスを開けた話や、吉岡里帆さんとのその後について話しました。

■鎖骨にボディピアス

最近、雫は鎖骨にボディピアスを開けたそうです。まずは、その時の話になりました。

:電波に乗せて言うほどのことでもないと思ってるんですけど、私は数年前に、胸にスターナムという部位のピアスを開けたんです。 「どこかな?」と思った人は「スターナム」を検索するか、MVとかにもたまに映ってます。最近になって、それが排除されてきたので、取りました。ボディピは、体が“偽物”として排除してしまうんです。平らなところ、手の甲とか首とかに開ける人とかいるけど、すごく排除されるよね。耳以外のところは排除されると思ったほうがいいです。それで「どうせなら他のところに開けるか」と思って、鎖骨に開けたっていう感じです。

スターナムとじてチェストあけました 1枚目、ビビ写すのに必死になってピアス半分しかうつらんかった

さん(@plkshizuku)がシェアした投稿 – 2018年 6月月3日午前2時32分PDT

雫がボディピアスを開けたと知ったファンから、「痛くないんですか?」という質問が大量に届いたそうです。

:そりゃ痛いよ! だって刺してるんだもん! 「ボディピアスを開けたいんですけど、痛いの怖いんですけど、痛いですか?」って聞いてくるけど、痛いのが怖かったら、ボディピ開けるな(笑)。耳たぶとかは、ピアッサーを使って、一瞬チクッとするぐらいで全然痛くないんですけど、ボディピは痛いね(笑)。病院で開けてもらうと麻酔をしてもらえるんですけど、麻酔がそもそも痛いの(笑)。でも、私、今まで開けた中で一番痛かったのは、軟骨に二連で開いているインダストリアルなんですけど、ニードルで麻酔なしで開けたので、すごい痛かった! あまりおすすめしないです。鎖骨のピアスに関しては、「首と鎖骨、どっちに開けようかな」ってツイッターでアンケートとったら僅差で鎖骨だったので、鎖骨に開けたという感じです。

■吉岡里帆さんとのその後

先日、雫は吉岡里帆さんがナビゲーターを務めているJ-WAVE日曜の番組『UR LIFESTYLE COLLEGE』にゲスト出演しました。その時に、LINEの連絡先を交換しましたが、未だに連絡をしていないそうです。

【記事はコチラ】吉岡里帆「雫ちゃんは賢い!」 ポルカドットスティングレイ・雫と同世代トーク
【記事はコチラ】ポルカ・雫、吉岡里帆の番組に出演して思ったこと「めっちゃ舞い上がってしまって…」

:連絡先は交換したものの、「こいつのこと好きじゃないけど『連絡先を交換するか』みたいな感じで、一応気を使って交換してくれたんじゃないか」と思ってしまうし、私がガツガツいったらさらに嫌われちゃうんじゃないか、と思って……。

リスナーからは「ただの恋愛慣れしてない男の子みたい」というコメントも寄せられていました。

■できるスタッフは計画的

「SPARK DREAMER」のコーナーでは、ゲームクリエイターの雫が、ゲーム制作の裏側を解説しています。今回はゲームのリリース前に行う「アップデート」について解説しました。

:リリースしてから最初のうちは“バグ祭り”になるので、短いスパン、1日とか2日で修正のアップデートを打っていかないといけないんです。そのあと、バグをあらかた改修し終わったあとで、ステージを増やしたり、キャラクターを増やしたりするといった機能追加のアップデートをします。リリースしてから2週間に1回やるといいという感じです。この頻度でアップデートするのはかなり大変なんですけど、気合いの入った運営は2週間に1回アップデートをしていきます。私も前の会社でやってましたね。プロデューサーと話し合って、計画を立てて、みんなで「頑張ろうぜ!」って言いながら必死で作ってました。

とはいえ、初動はバグの修正に追われて、プログラマーさんがあかないそう。

:リリースをしてからアップデートの内容を作る暇はないので、リリースする前に作りためておきます。リリースから半年分くらいを作っておくと安全なんだけど、ゲーム開発はだいたい時間に追われながら作ってることと、イレギュラーなバグが出まくったりするので、半年分とまではいかないことも多いですね。リリースしてからのアップデートで、いつ何を出すかとか、どれくらい出して、このキャラクターをどこで追加してイベントに当てていくかとか、そうした計画を立てるのも、ディレクターとかメインプランナーの腕の見せ所だったりします。

また、何年もアップデートするほど人気が続くのが理想なので、あらかじめいろいろな計画を立てるそうです。

:あとからデータの追加をしやすい作りに組んでおくのも、できる運営の特徴だったりします。アップデートの準備が万端になったら、「いよいよリリース!」です。

そのほか、番組では「疲れが取れない」というリスナーからの相談に答えたり、ベースのウエムラユウキの髪に関する質問にこたえました。ぜひradikoでチェックしてみてください!

次回12日(火)はポルカドットスティングレイが主題歌を歌っている映画『わたしに××しなさい!』(6月23日公開)の主演を務めた玉城ティナさんと小関裕太さんが登場。雫が突撃レポートする予定です。どうぞ、お楽しみに!

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SPARK』
放送日時:月・火・水・木曜 24時−25時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/spark/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。