体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

海洋ゴミ問題を考える!LUSHのウミガメ型ジェリーボム


英国を拠点とし、世界48の国と地域でビジネスを展開する化粧品ブランドLUSH(ラッシュ)。そのLUSHが、6月8日(金)の世界海洋デーに合わせて『海洋プラスチックキャンペーン (Ocean Plastics Campaign)』を実施し、「タートル ジェリーボム」(ジェリーボム)の発売を開始する。

このキャンペーンは、LUSHの600以上の全商品の約2割に及ぶ、ゴミとなるプラスチックパッケージを使用しない“ネイキッドアイテム”を通じて、世界的な社会問題となっている海に流れ込むプラスチックゴミの問題や、日々使い捨てのように使用するプラスチックが人や環境に与える影響への認知向上を目的として実施されるもの。

また、今回発売されるウミガメの形をした入浴料「タートル ジェリーボム」(ジェリーボム)は、ウミガメのお腹からプラスチックゴミに見立てた糸寒天が出てくる仕様になっていて、商品を通じて海洋ゴミの問題について考えるきっかけとなるよう開発されている。


価格は、940円(税込)。オンラインショップでの販売は、世界海洋デーと同じ6月8日(金)から。全国の実店舗での販売は6月18日(月)から。

キュートなジェリーボムを溶かして、お風呂につかりながら世界の環境問題に思いを馳せる…そんな濃厚なバスタイムを過ごしてみては?

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。