体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サクっともちもち! 秘伝のソースでいただく新丸子の揚げ餃子定食

サクっともちもち! 秘伝のソースでいただく新丸子の揚げ餃子定食
J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「7-ELEVEN LUNCH HUNTER」。6月7日(木)のオンエアでは、こだわりの揚げ餃子の皮と、赤ワインを使った爽やかな秘伝のソースで人気の「本格水餃子専門 瓦奉店(がほうてん)」を紹介しました。

紹介してくれたのは、ウェブメディア『東京餃子通信』編集長で、食べ歩きオールスターズ「食べあるキング」餃子担当の塚田亮一さんです。

「瓦奉店」は水餃子で有名なお店です。塚田さんは「水餃子が美味しい店は、揚げ餃子も美味しいんです」と断言。皮が重要で「瓦奉店」では、店でひとつひとつ手延べで作っています。「いい皮を使っていると、表面がサクッとしていて、中はしっとりと柔らかい状態の揚げ餃子ができます」と塚田さん。

店主の鈴木ゆりさんの話では、皮のこだわりのポイントは、甘い味がする小麦を使い、よく練ったものを丸1日寝かして、モチモチの皮に仕上げることだそう。

「瓦奉店」の揚げ餃子

鈴木:揚げ餃子に椎茸を入れることで、椎茸の香りと揚げ餃子が揚がった時のサクサク感がすごくマッチしています。皮はサクッと、中はモチッとして、肉と椎茸が口の中で広がっていきます。

揚げ餃子には、店の秘伝のソースをつけるのがおすすめ。普通は酢と醤油というイメージですが、店のソースはピリッとするスパイスと赤ワインを使ったソースを使用。イメージとしては、爽やかなデミグラスソースに近い味で、餃子にピッタリ。揚げ餃子定食は、ボリューム満点の揚げ餃子に、ご飯、味噌汁、漬物、秘伝のソースがついて980円です。 

店は東急東横線 新丸子駅 西口から徒歩2分。黄緑色の壁が目印です。コンパクトな店で、テーブル席は4つ。鈴木さんの話では、元々、お母様が六本木でお店を始めたのが始まりだそう。

「本格水餃子専門 瓦奉店」 「本格水餃子専門 瓦奉店」の店内

「中国にいた頃に家政婦さんが住み込みで来ていて、祖母が中華料理を教えてもらったことがきっかけで、私の家庭料理に繋がっていきました。揚げ餃子は“家族の幸せの食べ物”です」と語りました。

さて、次週11日(月)からはスペシャルウィーク! 番組ではリスナーのみなさんから夏旅プランを大募集! 毎日1名様に旅行券のプレゼントもありますよ。どうぞ、お楽しみに!

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『STEP ONE』
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。