体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

すぐオイシイは正義!『具麺(ぐーめん) 牛だし肉ぶっかけ』を食べてみた!夏メニューのマンネリ化はコレで防げる?

うどんや素麺にかけるだけ。簡単お手軽具入り麺用ソースとして人気のキッコーマン『具麺(ぐーめん)』シリーズ。なぜ人気なの? 本当においしいの? 『具麺 牛だし肉ぶっかけ』や夏季限定風味などを実際に作って食べてみた!

『具麺』はレトルトじゃない!?おいしさの秘密とは

パウチ食品といえばカレールーのイメージが強いが、近年はどんどん新しい商品が登場! 「いつもの食事がちょっと豪華に」「開ければ一瞬で家庭の味に」「自分ではとても作れない料理が簡単に食べられる」など、そのメリットは大きい。

キッコーマン食品株式会社(東京都港区)のパウチ食品『具麺』シリーズは、今回実際に食べてみた『具麺 牛だし肉ぶっかけ』(60g×2袋・希望小売価格 税抜220円)をはじめ、『和風おろし』や『韓国ビビン麺風』、『ごまだれ棒棒鶏』など全6種のバリエーションを揃える人気商品!

これから気温が上がってくると、うどんや素麺が欲しくなるが、味付けやトッピングなどはマンネリ化してしがち。手軽でいろんなバリエーションがあり、しかもすぐオイシイ『具麺』シリーズを賢く利用して、暑い夏を乗り切りたい。

『具麺』シリーズの特長は、具材たっぷりで手作り感ある味わい。レトルト殺菌(120℃で4分以上の加熱)をしていないので、具材の風味や食感を損ないにくいことがポイントだ。レトルト食品の、歯ごたえや香り、風味に物足りなさを感じている人は多いのでは?『具麺』のノンレトルト製法は、そこが違うらしい!

 

うどんも素麺も、牛丼も!『具麺 牛だし肉ぶっかけ』を食べてみた!

1袋に2食分!

『具麺』シリーズは、1袋に2食分入っており、いろいろな楽しみ方ができるが、基本はうどんや素麺にかけるスタイル。自宅で麺さえ用意すれば、あとは『具麺』をかけるだけという手軽さだ。

今回は、『具麺 牛だし肉ぶっかけ』に、スーパーやコンビニでも売っているスタンダードなうどん麺を使用。冷凍麺をレンジで温め、水にさらして冷やしうどんを用意した。

うどんを用意したら、あとは具麺をかけるだけ!

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。