体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Androidスマホ「ウイルス感染」 警告された時の原因と対処法

AndroidスマートフォンでWeb閲覧をしている際に、突然「Google Android でウイルスが◯個検出されました」といったメッセージが表示されたことはないだろうか?

Androidスマホ ウイルス警告画面 Androidスマホ ウイルス警告画面

自分ではなにもしていないのに、いきなり表示されるウイルス検知に驚いたかもしれない。そして対策のため、「ウイルスを今すぐ除去」のボタンを思わず押したくなるかもしれない。だが、ちょっと待ってほしい。その警告、ニセモノかもしれない

今回はスマホにウイルス感染警告メッセージが表示された場合の対応方法について、情報通信技術の研究開発を行うKDDI総合研究所の監修のもと、解説する。ウイルス感染警告メッセージが表示されても慌ててタップせず、こちらの解説を参照してほしい。

この警告画面の実態は?

冒頭に出てきたようなウイルス感染警告メッセージの実態は、警告ではなく広告だという。

ユーザーにアプリをダウンロードさせて成果報酬を得るために警告の体をした画面を出しているという、いわば警告のニセモノだ。ユーザーがアプリをダウンロードすれば、感染警告メッセージを表示した広告主に報酬(アフィリエイト)が入るというわけだ。

しかし、すべての感染警告メッセージが広告だと思ってしまうと、本物の警告に気が付かず、大きな被害を受けてしまう可能性がある。では、感染警告メッセージがニセモノか本物か、どのように見極めればいいのだろう。

スマホ警告画面のイメージ

ニセモノかホンモノかを見極める方法は?

まず、ニセモノである場合は、警告を表示する際、ウイルス除去アプリのインストールに誘導する。なんらかのアプリをインストールせよ、という内容である場合、それは警告を装ったただの広告なので、インストールしてはいけない。

一方、以下の3つのケースについては、ニセモノではなく本当の警告である可能性が高いため、注意深く見極めることが必要だ。

【本物である可能性が高い警告例】
・ブラウザの表示で、アプリを「インストール」でなく「削除」するよう促す場合
・新規アプリをインストールした直後に、ウイルス対策ソフトが「検知の警告」と「削除」を促した場合
・ウイルス対策アプリを起動してスキャンしている際に、「検知の警告」と「削除を促す指示」が出た場合

多くの場合、Webサイトを閲覧しているときに出る警告はニセモノなのだが、閲覧中にうっかり不正アプリをダウンロードしてしまい、ウイルス対策ソフトがそれに反応して本物の警告を与える可能性もある。ニセモノ、本物が交互に現れることもあるので、「警告慣れ」してウイルス感染を放置しないように注意したい。

ウイルス対策アプリの通知例として、トレンドマイクロのウイルスバスター for auにおけるウイルス感染警告メッセージ画面を示しておこう。

ウイルスバスター for auのウイルス感染警告メッセージ画面

警告画面が消えない! どうしたらいい?

1 2 3次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。