体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画『アダムス・ファミリー』のアニメ版、オスカー・アイザックやシャーリーズ・セロン、クロエ・グレース・モレッツらが声優として出演へ

オスカー・アイザックとシャーリーズ・セロンが、映画『アダムス・ファミリー』のアニメ版でゴメズとモーティシア・アダムスの声を演じる。製作はMGM。

このほか、クロエ・グレース・モレッツがアダムス夫妻の娘のウェンズデー・アダムス、フィン・ウォルフハードが弟のパグズリー・アダムス、ニック・クロールが叔父のフェスター、ベット・ミドラーが祖母、アリソン・ジャネイが一家の宿敵のマーゴ・ニードラーの声をそれぞれ演じる

コンラッド・ヴァーノンとグレッグ・ティアナンが共同で監督する。チャールズ・アダムスのコミック・シリーズを原作とし、マット・リーバーマンが脚本を執筆する。ヴァーノンとゲイル・バーマンが、ザ・ジャッカル・グループを通じてアレックス・シュワルツと共にプロデュースを手掛ける。アンドリュー・ミットマン、ケビン・ミセロッキ、ジョー・アーリーらがエグゼクティブ・プロデューサーを務める。

スタジオ側の監修はタビサ・シック。CGアニメーションとデジタル・ビジュアル・エフェクツは、カナダのバンクーバーにあるシネサイト・スタジオが手掛ける。

同作は、狡猾なリアリティーTVの司会者によって一家の生活が暴かれてしまう様子を中心に描く。一家は大家族のためのパーティーを計画する。

アダムス・ファミリーの原作は、漫画家のチャールズ・アダムスによる不気味な家族の1コマ漫画で、雑誌『ザ・ニューヨーカー』に最初に掲載された。その人気を受け、1960年代にジョン・アスティンとキャロリン・ジョーンズが出演したテレビ番組が始まり、1970年代初頭にはアニメシリーズが放映された。1990年代の初めにリバイバル映画が公開され、アンジェリカ・ヒューストン、ラウル・ジュリア、クリスティナ・リッチらが出演した。

映画『The Addams Family(原題)』は2019年10月11日に米劇場公開される。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。