体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『6月8日はなんの日?』新作リリース・ラッシュのカニエ・ウェスト、41歳の誕生日

『6月8日はなんの日?』新作リリース・ラッシュのカニエ・ウェスト、41歳の誕生日

 6月8日はカニエ・ウェストの41歳の誕生日。

 カニエは1977年6月8日、米ジョージア州アトランタ生まれ。2000年代初頭にプロデューサーとしての才能をジェイ・Zに発掘され、自身も2004年のデビュー作『ザ・カレッジ・ドロップアウト』が全米ビルボード2位の大ヒットを記録。以降、発表したアルバム7枚(コラボレーション作品含む)すべてが全米No.1を記録するなど、現在の音楽シーンを代表するトップ・アーティストの1人として確固たる地位を築いているカニエ。多くの人々がその才能を“天才”と評価する一方で、ときにエキセントリック過ぎる振る舞いや言動でメディアを賑わせる“お騒がせセレブ”としてのイメージもすっかり定着。ここ数年はその傾向がとくに顕著で、他のアーティストへの攻撃的な発言や異様な行動などの“暴走”を繰り返し、最終的にはツアーをキャンセルし入院するほどの深刻な状態となり、しばらく公の場から姿を消していたことも。そんなカニエだが、今月1日、ついに約2年ぶり通算8作目となるスタジオ・アルバム『Ye』を発表。収録曲わずか7曲、トータル23分41秒とEP盤なみのボリュームながら、カニエ節全開の強烈&濃厚な内容で改めてシーンに存在感を発揮してみせた。

 『Ye』が次週発表の全米ビルボード・チャートにおいて、初登場1位獲得が有力視されているカニエだが、誕生日を迎える6月8日にはキッド・カディとのジョイント・アルバム『Kids See Ghosts』をリリース予定。同作のアートワークでは『Graduation』以来となる村上隆とのコラボレーションも実現している。

関連記事リンク(外部サイト)

カニエ・ウェスト、“#ProjectWyoming”をNYやシカゴで開催 村上隆によるキッド・カディとのコラボALのアートワークも公開
カニエ・ウェスト&キッド・カディ、ジョイントALのリスニング・パーティーをLAで開催予定
カニエ・ウェスト、タイ・ダラー・サインとのジョイントALに前向き発言「タイは生きている中で最強のアーティストの一人」

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。