体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【先ヨミ】三代目JSBのAL『FUTURE』が13万枚超の売上で現在首位 マンウィズ、aikoらが続く

【先ヨミ】三代目JSBのAL『FUTURE』が13万枚超の売上で現在首位 マンウィズ、aikoらが続く

 今週のCDアルバム売上レポートから2018年6月4日~6月6日までの集計が明らかとなり、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの『FUTURE』が132,509枚を売り上げ首位を走っている。

 『FUTURE』は、三代目 J Soul Brothersの約2年ぶりとなるアルバム。全5タイプの初回盤には新ビジュアルによる撮り下ろしフォトブックが封入されており、映像Disc付き7枚組のタイプには、各メンバーの約1年間を捉えた長編ドキュメンタリー映画『SEVEN / 7』が収録されている。初動3日間で13万枚超を記録している本作は、TOP3が3万枚以上を売り上げている中でも頭一つ抜きんでる形で1位となっており、次週発表の週間結果までどれだけ売上を伸ばすかに注目したい。

 続く2位は、46,978枚を売り上げているMAN WITH A MISSIONの『Chasing the Horizon』。今作のために制作された新曲6曲に加え、多くのタイアップ楽曲が収録されており、パトリック・スタンプ(フォール・アウト・ボーイ)や中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)などワールドワイドに活躍するプロデューサー陣を迎えている。また3位には、33,950枚を売り上げているaikoの通算13作目となるアルバム『湿った夏の始まり』が続いている。

 そして、エレファントカシマシの通算23作目となるアルバム『Wake Up』が19,931枚で4位、鈴木愛理の1stソロアルバム『Do me a favor』が14,151枚で5位に入っている。なお、リリースから2週目の関ジャニ∞『GR8EST』は、今週に入ってから11,397枚を売り上げ、現時点で発売以来の売上累計は30万枚を突破している。

◎Billboard JAPANアルバムセールス集計速報
(2018年6月4日~6月6日までの集計)
1位『FUTURE』三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE 132,509枚
2位『Chasing the Horizon』MAN WITH A MISSION 46,978枚
3位『湿った夏の始まり』aiko 33,950枚
4位『Wake Up』エレファントカシマシ 19,931枚
5位『Do me a favor』鈴木愛理 14,151枚

※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。

関連記事リンク(外部サイト)

三代目 J Soul Brothersメンバー全員が、6/8オールナイトニッポンに出演決定
三代目 J Soul Brothersが新曲「RAINBOW」を解禁、dヒッツにて先行配信スタート
MAN WITH A MISSION、新曲がUSJイベントのタイアップソングに

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。