体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ももクロが好かれるワケ?】東京ドームからデパート屋上ライブへ、ギャップがスゴすぎ

【ももクロが好かれるワケ?】東京ドームからデパート屋上ライブへ、ギャップがスゴすぎ
BUBKA(ブブカ) 2018年6月号 (2018年04月28日発売)
Fujisan.co.jpより

今年結成10周年を迎えた、ももいろクローバーZ(以下、ももクロ)。

5月22、23日、東京ドームで「10th Anniversaryコンサート The Diamond Four  -in桃響導夢-」を開催し、2日間合計8万2907人を動員した。今や、日本の女性アイドルにおける年間コンサート観客動員数は、1,2位を争う。苦節10年、まさに業界屈指のトップアーチストへと成長を遂げた。

10週年を記念する東京ドームライブということもあって、いくつかの雑誌では特集を組まれるほど大々的に取り上げられ、またライブの模様は翌朝のTVワイドショーやスポーツ紙でも報じられた。ももクロに興味がなくてもそのフィーバーぶりを聞いて知った人は多かっただろう。

観客140人!?

そんな東京ドームコンサートから11日後の6月4日(月)、4人は再び都内のステージに降臨する。ファンじゃない人は知らないかもしれないが、場所は、なぜかデパートの松屋銀座・屋上である

「デパートの屋上? そんなに広いの?」

「チャリティーライブ? お客さん1000人くらい?」

なんて、思う人もいるかもしれない。

観客は、たった140人。

ステージは、なんとビアガーデンに設置された小さなステージ。

https://t.co/qIv4SlQcs6— momoiroclover (@momowgp) 2018年6月4日

デパートの屋上といえば、昔は新人アイドルのキャンペーンの定番。ビアガーデンのステージといえば地元バンドや芸人の営業などが賑やかす場だ。つい数日前、ドームで8万人を集めたアーチストが一転デパートの屋上で140人を前に歌う。このギャップに違和感タップリだ。

ただ、実はコレ、松屋銀座で開催していた「ももクロ結成10周年記念展 ~サイリウムが照らす未来~」という展示イベントの最終日を飾るプレミアムライブとして行われたものだった。

オープニングでは観客と一緒に乾杯。またこの日はメンバーの玉井詩織さんが23歳の誕生日ということもあって小さな空間はしばし祝賀ムードに包まれた。

そしてももクロはその小さなステージで12曲を歌って踊った。なんと言っても客との距離が近い。広いドームではフロートという派手な装飾を施したトロッコに乗ってホールを周回したが、この屋上ではデパートらしく荷物を搬入する台車をフロートに見立て、これに乗って歌うという演出で笑いも誘った。

https://t.co/mwgmMtJ91F— momoiroclover (@momowgp) 2018年6月4日

トである(笑)。しかしももクロ陣営は、デビュー時の路上ライブやデパート広場、電気量販店でのドサ回りライブ時代を決して忘れず、時として「初心」に戻る。何より、彼女たちもそれを楽しんでいるところが愛らしい。性別年令問わず広いファン層を誇るももクロ、好かれるワケがそこにあるのかもしれない。

ももクロも天狗!?

ももクロは芸能界レベル的にはVIPである。話を少し変える。

芸能界は特殊な世界で、人気があれば10代の若いタレントでも大人がVIP扱いしてくれる。そうなると、“自分は偉い・凄い”と勘違いして天狗になるのは珍しくない。特に一昔前は多かったし、少しくらい生意気じゃないと売れない、と言われる時代もあった。

1 2次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。