体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スマホの落下を感知し、ドローンに早変わりするケースがKickstarterに登場

スマホを地面に落としてしまった、という経験は誰にもあるはずだ。だから我々は、スマホケースや液晶保護フィルムを買い求める。多少の衝撃ではビクともしない製品もたくさん出回るようになった。

それでも、落下はできるだけ避けたい。「The Phone Drone」は、大事なスマホの破損を防ぐケース型ドローンである。

落下を感知して自律飛行

スマホケース兼用ドローンというものは、すでに存在する。だがこのThe Phone Droneは、いざという時に限りドローンに変形するという製品だ。

スマホの所持者がうっかりしてそれを地面に落としてしまう。その際、The Phone Droneの各種センサーがそれを察知。瞬時に4枚のプロペラが飛び出し、地面に激突する前に自律飛行を始めるというものだ。

正直、信じ難い製品ではある。しかしもっとすごいのは、そのスマホがちゃんと持ち主の手元に戻ってくるという点だ。これは文字通りの意味である。

もっとも、現在の時点でThe Phone Droneが製品化されているというわけではない。一応の予定では、来年3月に最初の出荷が行われるという。

リターンはディスカウント権

落下によるスマホの破損を防ぐには、スマホそのものを空中へ飛ばしてしまえばいい。極めて斬新な発想のThe Phone Droneは、20ドル(約2200円)からの出資枠をクラウドファンディング「Kickstarter」に設けている。

もっとも、20ドルを出せば製品が受け取れるというわけではなく、製品化の暁には小売希望価格からディスカウントしてもらえる権利が与えられるというものだ。ちなみに、The Phone Droneの価格は95ドル(約1万円)を予定しているという。

Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。