体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スタバさえ撤退に追い込む、オージーたちのコーヒー愛

スタバさえ撤退に追い込む、オージーたちのコーヒー愛

コーヒーラバーとして、ずっと気にはなっていたものの、なんとなく見て見ぬふりをして遠ざけていた場所。

それが、オーストラリアです。

というのも、実際地理的に私の住んでいたアメリカからは、ものすごく遠い。遠ざけていたというか、とにかく本当に遠いのです。

スタバが撤退するほど
独自のカフェ文化が根づく場所

オーストラリアのコーヒー文化について気になりはじめたのは「スターバックスがオーストラリアから撤退」というニュースを見てから。
※2014年に直営店の運営権を地元企業に売却。いまもスターバックスの店舗は同国内にて複数店舗が営業はしているが、直営ではない。

独自のカフェ文化が強く、スターバックスが流行らなかったのだそう。今や世界のどこにでもあるスターバックスが撤退するほどのカフェ文化を持つ国だなんて、正直気にならないわけがない!

でも、私はコーヒーセカンドウェーブ発祥の地シアトルに住んでいたから(やっぱり今も変わらずシアトルらしい深煎りコーヒーに1番ホッとしてしまう)、オーストラリア、とくにメルボルンのコーヒー文化の話を聞くたびに、実際行ったら負けを認めるしかないような気がしていたのです(勝ち負けなんかないのに……)。

たとえば、ずっとCDを買って音楽を聞いていたから、iTunesのほうが楽だって気づいていながらも、なかなかポリシーを崩せない、みたいな。

そうこうしているうちに、遠ざけていてもコーヒーの神様は向こうからやって来ました。
タイミングときっかけがものすごく重なり、つい先日メルボルンへ行くことに。

「リョウコさんには一度メルボルンに行って欲しいですね」と言い続けてくれていたONIBUSのオーナー坂尾さんに行っておくべきカフェを教えてもらって、シアトルっ子がいざ出陣です。

アメリカとオーストラリアでは
メニューの形態がまったく違う!

スタバさえ撤退に追い込む、オージーたちのコーヒー愛© 2018 Ryoko Iwata

この時期のオーストラリアは秋深まる頃。
灰色の空と紅葉の景色は、秋のシアトルにとっても似ていました。
わたしはこんな季節に飲む温かいコーヒーが1番好きです。なのでカフェ巡りが初日から楽しみで仕方ありませんでした。

まずは南半球でもっとも大きいといわれる屋外市場クィーン・ビクトリア・マーケットのすぐ近くにある「Market Lane Coffee」から。
もう、この店のキャッチコピーに私はいきなり心を射抜かれます。

Market Lane Coffee

スタバさえ撤退に追い込む、オージーたちのコーヒー愛© 2018 Ryoko Iwata

「We love to make coffee for the city that loves to drink it.」
(わたしたちはコーヒーが大好きな街のためにコーヒーをつくるのが大好きです)

こんなこと言ってくれるカフェ、最高じゃないですか。

コーヒー好きのためなら絶対おいしいコーヒー出すよ!という情熱を感じます。内装もとてもおしゃれ。

ちょっと座る場所があるくらいで、ここはどちらかというとポップアップのようなお店。こんな小さなスペースにこれだけのセンスを詰め込めるとは……。
1軒目から圧倒されました。スタバさえ撤退に追い込む、オージーたちのコーヒー愛© 2018 Ryoko Iwata

注文しようとして気づいたことがあります。
それは、アメリカとオーストラリアではメニューの形態が全然違うこと。

アメリカでも日本でも、「ドリップコーヒー」「アメリカーノ」「エスプレッソ」「ラテ」「カプチーノ」など、コーヒーとエスプレッソドリンクの種類がずらりと並んでいますよね。
でもメルボルンでは「WHITE」「BLACK」「FILTER」しか書いていないところが多いのです。なんともいさぎよい。でもちょっと注文に戸惑ってしまいました(笑)スタバさえ撤退に追い込む、オージーたちのコーヒー愛© 2018 Ryoko Iwata

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。