体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“みっともない、恥ずかしい”企画はなぜ生まれてしまうのか?

“みっともない、恥ずかしい”企画はなぜ生まれてしまうのか?

「週明けに企画会議があるので、週末からもう憂鬱で」「とりあえず企画を持ってこい、と上司によく言われるので、本当に困る」「お客さんから企画の提案を求められているんですが、どういうものを出したらいいのか」「企画書って、何からどう書けばいいんでしょうか」

企画に、あるいは企画書づくりに頭を悩ませている人は本当に多いようです。しかし、「企画」という言葉に惑わされてはいけない、と語るのは、著書『企画書は10分で書きなさい』の著者で、たくさんの書籍企画に携わっているブックライターの上阪徹さん。

企画のイメージが変わる、「企画の作り方」のヒント、全5回です。


プロフィール

ブックライター 上阪徹さん

上阪徹事務所代表。「上阪徹のブックライター塾」塾長。担当した書籍は100冊超。携わった書籍の累計売り上げは200万部を超える。23年間1度も〆切に遅れることなく、「1カ月15万字」書き続ける超速筆ライター。

1966年生まれ。89年、早稲田大学商学部卒。ワールド、リクルート・グループなどを経て、94年よりフリー。これまでの取材人数は3000人超。著書に『JALの心づかい』『あの明治大学が、なぜ女子高生が選ぶNo.1大学になったのか』『社長の「まわり」の仕事術』『10倍速く書ける 超スピード文章術』『成功者3000人の言葉』など。

「なんとなく面白いのかも」では企画にならない

企画は「課題」の解決という目的のためのツールであること、身近にたくさんある取り組みも実は企画であること、企画という言葉のイメージに惑わされてはいけないこと、第1回でご理解いただけたことと思います。

ではどのようにして企画を作っていくのか、そのヒントについて具体的に考えてみようと思います。

その前に、企画をめぐって誰でも絶対にやりたくない、というものがあると思います。それは、みっともない、恥ずかしい企画を作ってしまうことです。

会議に出したら鼻で笑われた。誰だこんな企画を出したのは、と指摘されてしまった。思い切りスルーされた。まったく相手にされなかった……。

企画にはもちろん善し悪しがあって、優れた企画、そうでない企画があるのは事実だと思います。ただ、みっともない、恥ずかしい企画を出してしまうというのは、ちょっと特別な理由がある場合に限られるのではないかと思います。

例えばわかりやすい例は、新入社員でしょう。社会のことも知らない、ビジネスのことも知らない。なのに、とにかく企画を出せ、と言われて出してみた。そうしたら、思い切りピント外れで笑われてしまった。

ただ、これは致し方ないことで、そもそも企画の考え方も、作り方も、新入社員はまったく知らないからです。それこそ、目的があるなんてこともまずわからないし、課題に目が向いたりもしない。

「とにかく、これがなんとなく面白いんじゃないか」と思うことをぶつけてしまったりする。これでは、企画にはなりません。

苦しくなるのは、企画の目的や課題のぼんやり

ところが、新入社員でもないのに、みっともない、恥ずかしい企画を出してしまうケースがあります。これには、理由があると私は思っています。それは、企画には目的があること、課題を解決することだ、ということに、今なお気づけていないからです。

何のために企画をしているのか、理解ができていないわけですから、素っ頓狂な企画が出てきてしまう可能性はあるでしょう。要するに、真っ白な状態で何かアイディアを出せ、というようなときに、こういうことが起こるのです。

逆にいえば、何のために企画を立てるのか、ということを理解し、「課題」をイメージできていたとするなら、ピント外れの、恥ずかしい企画はそうそう出ることはない、ということです。

実のところ、企画を考えるのが苦しくなるのは、企画の目的や課題がぼんやりとしているからに他ならないからだと私は思っています。それがないから、わけもなくアイディアを出してしまう。

しかし、「企画の目的」という言葉にも、これまた落とし穴が潜んでいたりします。実際のところ、上司やクライアントから提示された「企画の目的」では、企画がなかなか出てこないことは少なくないのです。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。