体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

家族全員が揃う日を楽しみに、BMW 1シリーズと多忙な毎日を頑張っています

車は単なる移動の道具ではなく、大切な人たちとの時間や自分の可能性を広げ、人生をより豊かにしてくれるもの。車の数だけ、車を囲むオーナーのドラマも存在する。この連載では、そんなオーナーたちが過ごす愛車との時間をご紹介。あなたは、どんなクルマと、どんな時間を?

▲仕事に家事にスポーツに励むアクティブな1シリーズ乗りのママを取材した

スタイル重視のファミリーカー

群馬県高崎市の中学校で教鞭を執る森和子さん。

自身が長年プレイする「バスケットボール」の指導者としても活躍している。取材の日は、現在、指導をしている中学女子部の練習試合。愛車のBMW 1シリーズに試合の荷物を積み、体育館へ向かう。

ところで皆さんはご存じだろうか。群馬県は、自動車保有率 国内ナンバー1の地域。

ここ高崎に住む森さん宅にも、2台の自家用車がある。1台は和子さん用のBMW 1シリーズ。もう1台は旦那さま用のキャデラック ATSだ。

2年ほど前からアメリカに単身赴任している旦那さまは、昔から車が大好き。

年に数えるほどしか帰ってこないが、愛車は手離したくないと、和子さんに維持をお願いしているそうだ。

アメ車は大きくてなかなか運転し慣れないし、傷つけでもしたら大変なので、正直あまり動かしたくない和子さんだが「お父さんが大事にしているから」と、週末の手入れは欠かさない。

たまに走らせてあげるために、近場の試合にはATSで行くこともあるそうだ。

▲こちらが旦那さまの愛車。いつもはガレージの奥、1シリーズの後方に収まる。この日は、帰省してきた長女と近況報告をしながら少し動かした

5人家族の森家は、165cmの和子さん以外はみんな170cmオーバーというスタイル抜群なご一家。パパはラグビー、ママと子供たちはバスケットボールに励んでいた(いる)スポーツ一家で、末っ子はなんと190cmを超える高身長だ。

そんなご一家なので、セダンかつクーペライクなATSは正直手狭である。実際、5人でフル乗車する際は「真ん中(後席中央)は誰が座る問題」が発生することも。でも不便は感じない。森家にとってはこれがフツウだからだ。

体格に関わらず、子供が3人もいればミニバンを選ぶ家族は多いが、森家のガレージには昔から“ちょっと珍しい車”が鎮座してきた。

車好きパパが街の車屋さんで見つけてくる車たちは、どれも目を引くデザインだったが、決して「広々」とはいかなかった。しかし、このちょっと窮屈な空間こそ“我が家”らしく、何だかんだ居心地が良いのだという。

子供たちは全員社会人となり、それぞれの道を歩んでいるが、タイミングが合えば家族みんなでテレビ電話をしたり、年に1度は必ず旅行に行ったりと、とても仲良しだ。

そして、今も昔も、ちょっと窮屈なドライブが楽しい。

▲早朝のアメリカと夜の日本をつなぐテレビ電話。パパはこれからゴルフだそうだ。日本では輸入車ばかりに乗ってきた車好きパパは、向こうでは日本車に乗っているのだとか

1シリーズは和子さん用の車として昨年購入。選んだ理由を尋ねると、車にこだわりはないと前置きしつつも、自分用の車は「森先生の車」と見られることを意識して、“カッコいいもの”を選んでいるという。

正確には、「カッコいいBMWの車で」というオーダーのもと、車好きの旦那さまが選んでいるそうで、なるほど、だからFRの118iか……と妙に納得してしまった(笑)。

この1シリーズが主に活躍するのは、毎日の通勤、教え子の練習、試合、自身が所属するシニアチームの練習、試合等々……。

買い物などの家事も合わせると、なかなか多忙に思えるが、実用性を重視したコンパクトカーではなくスタイルの良い1シリーズを乗りこなすあたりがまたストイックで、和子さんらしい。

▲Photo:早川佳郎

キャデラック ATSがファミリーカーとして和子さんの「母親」時間を紡いでいるとするならば、1シリーズは「先生」「コーチ」、時には「バスケットボールプレイヤー」としての和子さんをカッコよく支えている。

どちらもかけがえのない日常であり、和子さんにとって楽しい時間だ。

どんなクルマと、どんな時間を?

BMW 1シリーズ(現行型)と、かけがえのない日常を。

2011年10月に誕生した2代目1シリーズ。セグメント唯一の後輪駆動というキャラクターや俊敏なハンドリングなど、従来型の魅力はそのままに、大きな進化を遂げた世代。コンパクトながら、BMWらしさを備えたスポーティな走りが魅力。

▲1440mmと全高は低めで、4340mmの全長に対しホイールベースは2690mmと長い。そのため四輪の接地性に優れ、走行安定性に定評がある ▲愛車との時間は…

text/編集部 井上恵利

photo/早川佳郎

関連記事リンク(外部サイト)

あなた、本当に「コンパクトSUV」が欲しいの?「ちょっと変わったコンパクトカー」が欲しいんじゃなくて?

日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。