体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

たったひとつの「電球」で、リビングセンスをグッとひと上げ

たったひとつの「電球」で、リビングセンスをグッとひと上げ

エジソン式の電球を復刻したエジソンバブルや、レトロなフィラメントを利用した電球が近年人気を集めるのは、蛍光灯やLEDよりもぬくもりある明かりを人々が求めている証拠かもしれません。

もしかしたら、照明にとって最も重要なのは光る部分かも。そこがデザインされてないのはもったいない。D-DIGN Lightシリーズは、そんなコンセプトから誕生しました。

この電球、遠目に見ているだけでは「どこが違うの?」となるでしょうが、近づいてみると「そうきたか!」になるはず。たったひとつの「電球」で、リビングセンスをグッとひと上げ© DarkSteveたったひとつの「電球」で、リビングセンスをグッとひと上げ© DarkSteve ほら、ね。たったひとつの「電球」で、リビングセンスをグッとひと上げ© DarkSteve

読めます?電球の中で光る「idea」の文字。ピカッと閃くかどうかは別として、この灯りの下ならば、いいアイデアもきっと出てくるんじゃないか、なんて。

フィラメント部分をねじ曲げ、一筆書きの要領でデザインしたのがD-DIGN Light。ちなみにこれも、LED電球なんですけどね。ちょっとやさしい気持ちになれません?たったひとつの「電球」で、リビングセンスをグッとひと上げ© DarkSteveたったひとつの「電球」で、リビングセンスをグッとひと上げ© DarkSteveたったひとつの「電球」で、リビングセンスをグッとひと上げ© DarkSteveたったひとつの「電球」で、リビングセンスをグッとひと上げ© DarkSteve

DOG、CAT、LOVE、HOME、IDEAなど、デザインはこれからどんどん増えていくそうですが、ここカスタムオーダーできたらもっといいのにな。たんなる照明ではなく、アイディア次第でいろんな使い方ができそうですしね。

動画を見たところ、部屋を明かりで満たすまではいかないまでも、インテリアのアクセントにもいい感じですけどね。こういうの嫌いじゃないって人は、クラウドファンディングサイトをのぞいてみては?© DarkSteveTop photo: © DarkSteveReference: DarkSteve

関連記事リンク(外部サイト)

時代に逆らう「白熱電球」に魅了される
「宙に浮かぶ電球」の中毒性に気をつけろ。
SFのような世界が表現された「植栽照明」。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。