体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

作品と作品の対峙 香月恵介 x HouxoQueによる企画展 「NOUMENON」

unnamed (27) unnamed (29)

香月恵介とHouxoQueの二人展「NOUMENON」がTAV GALLERYにて6月8日(金)より6月24日(日)まで開催される。

香月恵介は、ブラウン管モニターを絵具で再現した「ピクセル絵画」や、照明の当てかたによって様々に表情を変える「グレイ」シリーズといった、光の反射をテーマにした作品を発表している。一方、HouxoQueの作品では、多くの場合、それ自体が発光するディスプレイや蛍光塗料が用いられる。

画面という境界に対する二人のアプローチは、しばしば比較されてきたが、今回の展示では平行な仮設壁を設け、文字通り二人の作品を対立させる。また、TAV GALLERY独特のガラス張りの空間によって、時間とともに変化する光と作品の関係にもご注目いただきたい。

unnamed (28)


NOUMENON

2018年6月8日 (金) – 6月24日 (月)
会場 : TAV GALLERY (東京都杉並区阿佐谷北1-31-2) [03-3330-6881]
時間 : 13:00 – 20:00
休廊 : 水曜、木曜
Opening Party : 6月9日 (土) 18:00 – 20:00

参加作家 : 香月恵介、HouxoQue
施工協力 : 秋山佑太
キュレーター:飯盛希

http://tavgallery.com/noumenon/

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。