体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

海外勤務経験なしの大手企業社員が、いきなりミャンマーに移住するまで――桂川融己(ライター・企業支援)

海外勤務経験なしの大手企業社員が、いきなりミャンマーに移住するまで――桂川融己(ライター・企業支援)

「人のキャリアは偶然の賜物」――。今回お話をうかがった桂川融己さんのキャリアを知ると、そのような言葉が浮かびます。中小ベンチャー志望でありながら、大手企業である日本生命に入社して7年間9カ月勤務後、海外旅行さえほぼ未経験だったにもかかわらず、ミャンマー移住を決意した桂川さん。2回に分けてお届けする記事の第1回目は、ミャンマー移住を決意するまでに辿った道のりをお伝えします。


プロフィール

桂川融己(かつらがわゆうき)

大学卒業後、2006年に日本生命保険に総合職入社し、金沢支社勤務を経て東京本部で勤務した後、2013年末に退社。翌月からミャンマーに移住し、現地企業に転職。現在はミャンマーでフリーランスとなり、ビジネス誌作成などのライター業に加え、日本からアジア進出する企業への支援事業を手がける。

「中小ベンチャー志望」にもかかわらず、“流れで”大手企業に入社

――大学卒業後に日本生命に入社されたとのことですが、もともとは大手企業志望だったのでしょうか?

いえ、大学生の頃は経営に近い仕事をしたいという気持ちがあり、中小ベンチャーを志望していたので、実は大企業は頭の中にありませんでした。就職活動時も形式ばった大企業の会社説明会よりも社長自らが登壇するセミナーに好んで参加し、どこかビジョンに共感できる経営者がいる会社を見つけて入社したいと思っていたんです。

ところが、あるとき大学のサークルの先輩から、「面接の練習になるから」とリクルーターの方を紹介されて、いくつか大手企業の面接を受けることになったんですよね。そのなかに日本生命もありました。あくまでも「試しに受けてみた」という感じだったのですが、思いもよらず選考をどんどんクリアしていって、いつの間にか引くに引けないところに来ていたという感じです(笑)。

とはいえ、仕方なく日本生命を選んだわけではありません。「将来はもっと自信をもった人間になりたい」という個人的な思いがあり、当時お会いした日本生命の社員の方々は、まさに自分が思い描くイメージに合っていたので、入社することにしました。

本音では、「日本生命に入った」と言うと、何となくかっこいいかな、という気持ちもありましたが(笑)。

――入社後はどのようなお仕事をされていたのでしょうか?

2006年に入社し、最初の3年間は石川県の金沢支社に配属され、支社の営業担当の業績管理を主にやっていました。そのほかに、社員のモチベーションアップのためのイベント企画や、顧客向けのパーティーの運営などもやりましたね。

その後は、東京の本社に異動し、「拠点長ビジネススクール室」に配属されました。ここでの仕事は全国の営業担当の方に情報提供するというもので、たとえば毎年の税制改正の情報や、顕著な営業成績を上げた営業拠点のメソッドなどを教材に落とし込んで展開していました。

拠点長ビジネススクール室は、全国でもすごい成績を上げた方々が集まっていたので、毎日刺激的でしたね。そんな仕事を続け、2013年末に退職したという経緯です。


ミャンマー移住を思いつき、1年以内に実現

――それでは、海外勤務の経験はなかったんですね。ミャンマーにつながるきっかけは、何だったのでしょうか?

よく、「ミャンマーに何かゆかりがあるのか」と聞かれることがありますが、実は日本生命を退職する年まではまったく縁はありませんでした。海外勤務はもちろん、旅行でさえミャンマーには行ったことはありません。

そもそも海外に初めて行ったのも、大学の卒業旅行で友人とイギリス、フランス、イタリアを巡ったのが初めてで、就職してからも2回海外旅行をしただけです。英語も苦手でしたし。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。