体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スマホやPCのブルーライトは「設定」でカット

スマホやPCのブルーライトは「設定」でカット

ブルーライトとは、液晶ディスプレイなどから発せられる青い光です。可視光線の中で最も波長が短いため、ブルーライトはエネルギーが強力。この強いエネルギーが網膜に到達し、目にダメージを及ぼしたり体内リズムの乱れを誘発したりするのです。PC・スマホのブルーライトカットの設定方法を見ていきます。

スマホにブルーライトカット機能

ブルーライトによる被害が認知されたことで、スマホやPCの各種OSにブルーライトをカットできる機能が標準装備されるようになりました。画面の色が暖色っぽくなりますが、色にこだわった作業をする時以外は問題ないでしょう。

Windowsでブルーライトをカットするには「夜間モード」をオンにします。具体的には「設定」→「システム」→「ディスプレイ」を選択。夜間モードをオンにして色味を調整してください。

色温度のメーターを中間くらいに設定すると、ディスプレイがほのかにオレンジがかった色合いになります。目に優しく長時間の利用に最適。これ以上色温度を強めると、逆に目が疲れる印象です。

ブルーライトをカットする設定方法

iPhoneでブルーライトをカットする設定方法は「NightShift」をオンにします。「設定」→「画面表示と明るさ」で「Night Shift」をオンすればOK。時間指定や色温度を調整できます。

色温度は80%くらいに設定するとよいでしょう。オレンジがかってはいますが、単体で見るとあまり気になりません。一度設定しておけば、オン/オフの切り替えがワンタップで可能です。

Androidは端末ごとに設定が違っています。例えばXperiaでブルーライトをカットするなら「ホワイトバランス」を調整。「設定」→「画面設定」→「ホワイトバランス」をタップ。「B」は0のままで「R」「G」の数値を上げます。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
自販機の裏ワザ「デバッグ法」は存在するのか?

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。