体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

外はパリッ! 中はモチモチ! 餃子ファンに人気の「津ぎょうざ」

外はパリッ! 中はモチモチ! 餃子ファンに人気の「津ぎょうざ」
J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「7-ELEVEN LUNCH HUNTER」。6月5日(火)のオンエアでは、三重県のジューシーなご当地餃子「津ぎょうざ」がいただける店「フジサン・デリ」を紹介しました。

■大きくて食べ応えあり!

紹介してくれたのは、ウェブメディア『東京餃子通信』編集長で、食べ歩きオールスターズ「食べあるキング」餃子担当の塚田亮一さんです。

「フジサン・デリ」では、全国のご当地餃子を提供しています。三重県の津ぎょうざは大きな揚げ餃子で、握りこぶしほどの大きさ! 塚田さんも「中に肉がたっぷり詰まっていて、非常にジューシーで食べ応えがある」とイチオシしていました。

お店は元々、富士山周辺のグルメを提供する古民家カフェだったのですが、おととしの12月、ご当地餃子に力を入れた店にリニューアルしました。現在は静岡の浜松餃子、三重の津ぎょうざ、仙台のあおば餃子、岐阜の飛騨牛餃子を扱っています。全国の美味しい餃子が味わえる店として、餃子ファンの間でも有名です。シーズンごとに取り扱う餃子を変えていて、しばらく前までは裾野の餃子、三島の餃子など、静岡に特化した餃子も提供していました。

「フジサン・デリ」の写真

■津ぎょうざの定義

津ぎょうざは、三重県の学校給食から始まったご当地グルメです。全国のご当地グルメイベントに参加して、町おこしをしようと津の皆さんが活動しています。そこで何か協力できないかということで、「フジサン・デリ」でも提供することにしたのだとか。お店では通常の豚肉に加え、ジビエの鹿肉を使ったものもあります。

お店の方によると「津ぎょうざは15センチの皮で包むのが定義になっていて、外はパリッと、中はモッチリ。餡が皮の内側に浸みるため、一層美味しくなっています。あとジビエは、こんなに臭みのないジビエは初めてなので、一度食べてみてください」と紹介。ジビエはジューシーで、クセになる旨味があります。全体的に濃いめの味なので、何も付けなくても美味しくいただけて、ご飯にも合います。

津ぎょうざ定食

津ぎょうざは単品のメニューですが、番組で紹介したことをきっかけに、定食メニューを作っていただきました! 津ぎょうざ、ご飯、味噌汁、小鉢、漬物に、から揚げが付いています。ジビエの場合は790円(税込)、ポークは750円(税込)です。「フジサン・デリ」は最寄駅のJR押上駅から歩いて4分ほどの場所にあります。ぜひ、足を運んでみてください!

津ぎょうざ定食 「フジサン・デリ」外観

さて、次週11日(月)からはスペシャルウィーク! 番組ではリスナーのみなさんから夏旅プランを大募集! 毎日1名様に旅行券のプレゼントもありますよ。どうぞ、お楽しみに!

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『STEP ONE』
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。