体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

暑くても食が進む!夏季限定の“冷たい麺”3選

6月に入り、食欲が減退する夏場でも美味しく食べられる夏季限定の“冷たい麺”が続々登場している。今日は、その中から編集部オススメの3つを紹介しよう。


1.よってこやの「低温仕込み 炙り肉冷し塩らー麺」799円(税込)
まずは、“冷たいラーメン”から。よってこやの「低温仕込み 炙り肉冷し塩らー麺」は、沸騰直前温度でじっくり火を通したしっとりチャーシューが入った冷やしラーメン。ハマグリと鰹を合わせた特製塩かえしの深い旨味が凝縮された清涼感あふれるスープが夏にぴったりだ。ラーメンは食べたいけど、夏場は暑い。そんな人でも最後の一滴まで飲み干せるさっぱりとした味わいになっている。販売期間は8月31日(金)までの予定。


2.ミスタードーナツの「あまーいマリネトマトの涼風麺」572円(税込)
東京・麹町にある有名ラーメン店 “ソラノイロ”監修の涼風麺。平打ち麺に、甘口マリネで漬けたプチトマトをトッピングし、すっきりとした味わいの冷製スープを合わせてある。添えてあるバジルソースを混ぜると味が変化し、“一度で二度美味しい”オトクな一品。ほかに、グリーンが鮮やかな「グリーンベジ涼風麺」572円(税込)なども。


3.ザ・プリンス パークタワー東京の「THE SOMEN(ザ ソーメン)超極細素麺と海の幸」3万円(税込)
最後はラーメンではなく素麺、そしてとびきり豪華なメニューを紹介しよう。こちらのメニューは、同ホテル地下1階にある「日本料理 芝桜」で食べられる。超極細素麺「白髪」の太さは約0.3ミリ!茹で時間およそ30秒という素麺師の職人技を極めたこの麺を、調理人が目の前で茹でてくれ、伊勢海老やズワイ蟹、鮑、生雲丹、キャビアなどの豪華海の幸とともに堪能できる。2~3名でシェアできるボリュームで、日本酒「獺祭 磨き二割三分」1本付き(シャンパンにも変更可能)。1日5食限定で3日前までの予約制。ボーナス支給時期でもあるし、女子会メニューとしてもインスタ映え抜群かも?! 販売期間は、9月30日(日)まで。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。