体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今週末は「紙博 in 東京」第2弾! 91組の企業・クリエイターが参加

kamihaku-tokyo2_001

素材、雑貨、文具…紙にまつわる91組が出展

2018年6月9日(土)・10日(日)の2日間、東京・浅草の「東京都立産業貿易センター台東館」にて「紙博 in 東京 vol.2」が開催されます。

2017年4月にスタートした「紙博」の第2回目。イラストレーター、文具メーカー、活版印刷の会社など、紙にまつわる91組の出展者が参加します。

私たちの暮らしの中にごくさりげなく存在している紙。情報を伝える媒体としてはデジタルが主流になってきていますが、ひとたびそこにある「物」としての紙に目を向けると、触り心地や重さ、インクの匂い、温度など、豊かな表情と世界が広がっていることに気づきます。

ペンで線を描き、折り曲げ、プリントする。私たちの働きかけに応じて魔法のように姿を変える紙。会場には素材、雑貨、作品など様々な視点の紙が集まります。

ありそうでなかった「紙」に大きく焦点を当てた展覧会です。トークや気軽に参加できるワークショップも充実しています。まだ見ぬ紙に出会いに、ぜひ足を運んでみてください。

kamihaku-tokyo2_002 kamihaku-tokyo2_003 kamihaku-tokyo2_004 kamihaku-tokyo2_005 kamihaku-tokyo2_006 kamihaku-tokyo2_007 kamihaku-tokyo2_008 kamihaku-tokyo2_009 kamihaku-tokyo2_010

紙博 in 東京 vol.2

会期:2018年6月9日(土) 10:00~17:00

2018年6月10日(日) 9:00~17:00

会場:東京都立産業貿易センター台東館/東京都台東区花川戸2-6-5

入場料:500円(小学生以下無料)

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

メキシカンフォークアートを張子で表現する新しい試みの企画展
初の漆作品も出品「アウトライン/西本良太」展、開催中
アクタス限定! 限定素材や海外仕様のHIROSIMAアームチェア販売中

TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。