体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

文章を書けなくしている呪縛を解き放て!――「うまく書く」必要なんてない

文章を書けなくしている呪縛を解き放て!――「うまく書く」必要なんてない

ビジネス文章で、こんな悩みを抱えている人は少なくないのではないでしょうか。

「どうやって書いていいかわからない」「とにかく時間がかかる」「文章を書くのが辛い」「最初の一行が出てこない」「長文が困る」「上司に何度も差し戻しをされる」

そうなるのは、当たり前だ、と語るのは、著書『ビジネスにうまい文章はいらない』の著者で、年間12冊の本を書き上げるブックライターの上阪徹さん。ビジネス文章の基本的心得からビジネスメール、日報、感想文、SNSや長文まで、「書き方のマインド」が変わる全5回です。


プロフィール

ブックライター 上阪徹さん

上阪徹事務所代表。「上阪徹のブックライター塾」塾長。担当した書籍は100冊超。携わった書籍の累計売り上げは200万部を超える。23年間1度も〆切に遅れることなく、「1カ月15万字」書き続ける超速筆ライター。

1966年生まれ。89年、早稲田大学商学部卒。ワールド、リクルート・グループなどを経て、94年よりフリー。これまでの取材人数は3000人超。著書に『JALの心づかい』『あの明治大学が、なぜ女子高生が選ぶNo.1大学になったのか』『社長の「まわり」の仕事術』『10倍速く書ける 超スピード文章術』『成功者3000人の言葉』など。

「うまい文章」なんていらない

もともと文章を書くのは嫌いで苦手だった、とは第1回でもご紹介したことですが、では、そんな私がどうして文章を書けるようになったのか。今では、実は毎月のように書籍を執筆していたりするのですが、どうして、こんなに速く書けるようになったのか。

かつての私が文章を書けなかった理由が、実は今はよく理解できます。それは、この呪縛にさいなまれていたからです。

「うまい文章を書かないといけない」

文章の書き方を教わったのは、おそらく小学校のとき、という人がほとんどだと思います。このとき、求められた文章というのは、「うまい文章」だったはずです。

文豪の美しい文章。評論家のロジカルな文章。さらには、同級生たちの見事な作文。要するに、そうした格調高い文章がお手本であり、こういうものを書かなければいけない、という思いを持たされていたのだと思うのです。

しかし、ビジネス文章の世界では、実は違います。

私が文章を書く仕事に就くことになったきっかけは、広告への興味でした。例えば、ポスターに印象的なキャッチフレーズをつける。テレビコマーシャルで使われるような言葉を作る。そういう仕事に興味を持ったのでした。いわゆるコピーライターの仕事ですが、それは文章を書く仕事というよりも、言葉を見つける仕事だと思っていました。ところが、私がたまたま入った会社は、求人広告を主に作っている制作会社でした。就職や転職をするための会社選びの広告です。これは、言葉を見つけるような仕事ではなかったのです。

もし自分が読み手だったら、と考えてみる

膨大な量の資料の中から、その会社の魅力のある部分を抜き出したり、あるいは取材をして情報を取得したりして、それらを的確にまとめて文章化していくことが求められました。

求人広告ですから、目的は広告を出稿するクライアントにとって、ベストな人材に応募してもらうことです。そのために必要なことは何かといえば、そうした人材に対して、会社について「わかりやすく」伝えて、理解してもらうことでした。

文章を書く仕事ですが、うまい文章、美しい文章など、実は誰も求めていませんでした。必要だったのは、わかりやすいこと。読者にしっかり伝わること。むしろ、格調高い、うまい文章などよりも、平易で、シンプルで、読みやすい文章こそが求められていたのです。

私が思ったのは、「なんだ、これで良かったのか」でした。当初は一生懸命、表現を考えて、知恵を振り絞って、300文字書くのに1日かかっていたりしましたが、やがて、そんなことはまったく必要ないのだということに気づいていきました。

会社の魅力的な情報をしっかりピックアップして、そのままの内容をわかりやすく書けば良かった。まるで目の前に読み手がいて、しゃべるように書いていけば良かった。それで十分に伝わったのです。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。