体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

京都・下鴨神社が光と音のアート空間に♡「下鴨神社 糺の森の光の祭 Art by teamLab」が開催

8月17日(金)から9月2日(日)まで、京都にある「下鴨神社(賀茂御祖神社)」では、「下鴨神社 糺の森の光の祭 Art by teamLab」が開催されます。

夜の「下鴨神社」が幻想的な世界に

京都・下鴨神社が光と音のアート空間に♡「下鴨神社 糺の森の光の祭 Art by teamLab」が開催

チームラボが手掛ける「下鴨神社 糺の森の光の祭(しもがもじんじゃ ただすのもりのひかりのまつり)Art by teamLab」。

世界遺産(ユネスコ世界文化遺産)古都京都の文化財「下鴨神社(賀茂御祖神社)」の糺(ただす)の森の参道と楼門の中の空間には、チームラボによるアート作品が展示されます。

チームラボによる光と音のアートを体験

参道沿いの木々と楼門内は、チームラボの光と音とデジタルテクノロジーにより、人々の存在によって変化するアート空間に変身♩

京都・下鴨神社が光と音のアート空間に♡「下鴨神社 糺の森の光の祭 Art by teamLab」が開催

糺の森の中の参道沿いの作品「呼応する、たちつづけるものたちと森 – 下鴨神社 糺の森」では、人に押され倒れかけると、光の色を変化させ、色特有の音色を響かせる“立ち続けるものたち”が登場。

“立ち続けるものたち”が放つ光は、放射状に近隣の立ち続けるものたちと木々に伝播していくそう。

京都・下鴨神社が光と音のアート空間に♡「下鴨神社 糺の森の光の祭 Art by teamLab」が開催

また、作品「呼応する球体 – 下鴨神社」は、強く輝いたり消えたりし、まるでゆっくりと呼吸しているかのようにふるまう球体が下鴨神社の楼門の中のいたるところに出現。

人が叩いたり何かにぶつかったりして衝撃を受けると、光の色を変化させ色特有の音色を響かせます。

京都・下鴨神社が光と音のアート空間に♡「下鴨神社 糺の森の光の祭 Art by teamLab」が開催

まわりの球体は、その変化に連続的に呼応し、同じ光の色に変化し音色を響かせていくそう。

夏休みの旅行などでこの夏京都を訪れるという方は、下鴨神社で幻想的な夜を過ごしてみてはいかがでしょうか♡

「下鴨神社 糺の森の光の祭 Art by teamLab」

会期:平成30年8月17日(金)~9月2日(日)

会場:下鴨神社(賀茂御祖神社)糺の森 京都府京都市 左京区下鴨泉川町59

※糺の森南側、御影通りからご入場ください。

時間:18:30〜22:00(最終入場21:30)

※会場の混雑状況により変更することがあります。

入場料:平日1000円 土日1200円 ※小学生以下無料

※8月17日(金)~19日(日)3日間のみ使用可能な限定前売ペア券 1,200円(2名1組)

※前売ペア券は、枚数限定で販売いたします。

※販売場所: ローソン・ミニストップ各店舗、

※Loppi【Ⅼコード: 57291】 ローチケ: http://l-tike.com/tl-sg/

※開催中は、会場でも販売いたします。

下鴨神社 糺の森の光の祭 Art by teamLab

https://bit.ly/2JlvsnZ

生活・趣味
ISUTAの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。