体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

捨て犬の「好きな音楽」を明らかにしたら、どんどん里親が見つかった

捨て犬の「好きな音楽」を明らかにしたら、どんどん里親が見つかった

これから紹介するのは、ドイツの動物愛護団体Tierschutzverein München e.V.とSpotifyが協力して進めている、捨てられた犬の里親を探すプロジェクト「Adoptify」。

テクノロジーと動物学の知見をうまく利用しているポイントは、今の時代を反映していて興味深い。この「Adoptify」の存在を知っていれば、微力ながら犬の殺処分を減らすことにもつながるだろう。

捨てられた犬と里親を
「音楽」でつなぐ

捨て犬の「好きな音楽」を明らかにしたら、どんどん里親が見つかった© ServicePlan

カンタンに「Adoptify」を説明するならば、共通の音楽の好みを持っている犬と里親をつなげるサービス

違和感を覚えた人もいるかもしれないが、じつは人間と同じように犬も特定の音楽を好むそうだ。ちなみに、これは2017年3月に公開されたグラスゴー大学の論文によって証明されている。

つまり、シェルターで保護されている犬の好みを調べて、趣味嗜好の合う人とつなげようとしている。

ここで多くのユーザーを抱えるSpotifyが活躍。例えば、ヒップホップが好きなユーザーの画面に、ヒップホップが好きな犬の存在を知らせるバナーをポップアップさせる。

すでに多くの里親が見つかり、成果を上げているそうだ。© Tierschutzverein München e.V.

犬も好きな音楽があるという旨の論文が公開されてから、約1年後の2018年1月には「Adoptify」の概要が発表されている。これは新たな発見を応用したサービスの開発スピードが早くなっている今の時代を反映している気がする。

助けたいという気持ちがあっても行動に移すのが難しい犬の殺処分問題。イノベーティブなアイデアが生まれることで、一歩を踏み出しやすくなるのかもしれない。

自分が何もできなくても「Adoptify」の存在を誰かに教えるだけで、間接的に捨て犬をサポートすることにつながりそうだ。Reference: Tierschutzverein München e.V., ScienceDirect / The effect of different genres of music on the stress levels of kennelled dogs, ServicePlanTop photo: © ServicePlan

関連記事リンク(外部サイト)

捨てられた子犬たちの「里親探し」に奔走する、心やさしき女性
あなたの古いセーターは、保健所の「犬用セーター」になります
「犬好きを彼女にすべき!」という大胆な主張

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。