体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【SONICMANIA 2018】最終ラインアップ発表 <BRAINFEEDER>ステージにフライング・ロータス激推しの3アクトが追加

【SONICMANIA 2018】最終ラインアップ発表 <BRAINFEEDER>ステージにフライング・ロータス激推しの3アクトが追加

 【SONICMANIA 2018】の最終ラインアップが発表となった。

 SONIC WAVEには、数々のヒットソングを生み出すプロデューサーとしてだけでなくDJとしても活躍する中田ヤスタカの出演が決定。

 また、 <BRAINFEEDER>ステージにはドリアン・コンセプト、ジェームスズー、ロス・フロム・フレンズの3組が追加。フライング・ロータス、サンダーキャット、ジョージ・クリントン&パーラメント・ファンカデリックというこれ以上ないラインナップに名を連ねたのは、いずれもフライング・ロータスが激推しする逸材ばかりだ。

 ウィーン生まれの天才演奏家/プロデューサー、ドリアン・コンセプトは、microKORGの演奏は見るものすべての度肝を抜き、即興性に富んだフリー・ジャズ要素満載の超絶技巧と、耳にこびりついて離れない、遊び心いっぱいのメロディ・センスで、フライング・ロータスやザ・シネマティック・オーケストラのライヴ・メンバーとしても活躍してきた。

 またジェームスズーは、アヴァンギャルド・ジャズから、プログレ、クラウト・ロック、実験的エレクトロニック・ミュージックに至るまで幅広いバックグラウンドを持つ異能音楽家。大御所ジャズ・ピアニスト、スティーヴ・キューン、ブラジル音楽界の大物、アルトゥール・ヴェロカイらも参加したデビュー・アルバム『Fool』は、多方面から絶大な指示を集めた。

 そして先鋭的な音楽を見出され今年新たに<Brainfeeder>ファミリーの仲間入りを 果たした24歳のイギリス人トラックメイカー、ロス・フロム・フレンズ。メランコリックなメロディーとロウなビートを併せ持つ絶妙なダンストラックで、フライング・ロータスのハートを射止めた期待の新鋭だ。

◎イベント情報
【SONICMANIA 2018】
2018年8月17日(金)
千葉・幕張メッセ

関連記事リンク(外部サイト)

【SUMMER SONIC 2018】&【SONICMANIA】新たに出演アーティスト発表
【SONICMANIA】出演アーティスト第2弾発表、フライング・ロータス主宰レーベル<BRAINFEEDER>ステージが登場
【SUMMER SONIC 2018】&【SONICMANIA 2018】出演アーティスト第1弾発表

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。