体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

一品3分以内で完成!ワインが進みすぎちゃう簡単&絶品おつまみの作り方をご紹介

一品3分で完成! ワインに合う絶品おつまみ

仕事帰りはコンビニに寄って、晩酌用の酒とおつまみを買うのが1日の楽しみ……なんて人も多いはず。たしかにコンビニおつまみはおいしいし便利だけど、ちょっとひと手間加えるだけで、絶品おつまみに変身することをご存じだろうか。

今回は早くできて、ワイン合う、試さなきゃ損!なおつまみレシピをご紹介。包丁も使わず計量もしないから超簡単。料理が苦手な人も試してみて!ワインが進む簡単&絶品おつまみレシピ・くるみチーズせんべいさんまのトマト煮込み、生ハムマンゴー、くるみチーズせんべい。ワインと一緒に召し上がれ

こんな豪華なおつまみが、あっという間に作れちゃう!さんまの蒲焼缶で!さんまのトマト煮込み

1品目は、「さんまの蒲焼」缶を使った、赤ワインにピッタリのおつまみ。
コンビニで手に入る食材を合わせてレンジでチンするだけなのに、手の込んだ煮込み料理の味わいになるから驚きだ。

コク深いトマトソースと赤ワインは鉄板の組み合わせ! ごはんのおかずや、パスタの具材にもおすすめだ。さんまのトマト煮込み。チンしただけとは思えないほど手の込んだ見栄えに

チンするだけなのに、手間暇かけた料理のよう材料(1皿分)

さんまの蒲焼(缶)=1缶
トマトスープ(フリーズドライ)=1個
赤ワイン=大さじ1ワインが進む簡単&絶品おつまみレシピ・さんまのトマト煮込みの材料:さんまの蒲焼(缶)+トマトスープ(フリーズドライ)+赤ワイン

さんまの蒲焼(缶)+トマトスープ(フリーズドライ)+赤ワインでさんまのトマト煮込みが簡単に作れる!作り方

①.耐熱容器にさんまの蒲焼の煮汁を移す。その中にトマトスープ、さんまの蒲焼の身の順に加え、赤ワインを加える。ワインが進む簡単&絶品おつまみレシピ・さんまのトマト煮込みの作り方:さんまの蒲焼の煮汁、トマトスープ、さんまの身の順で耐熱容器に移し、最後に赤ワインを加える

隠し味に赤ワインをプラスすることで、よりワインに合うコク深い仕上がりに

②. ラップをかけて、600Wの電子レンジで1分加熱する。ワインが進む簡単&絶品おつまみレシピ・さんまのトマト煮込みの作り方:耐熱容器にラップをかけて、600Wの電子レンジで1分加熱

水を加えず、缶詰の煮汁だけでトマトスープを戻すのがポイント

③. レンジから取り出したら全体をひと混ぜし、再びラップをしてレンジに30秒かけたらできあがり。ワインが進む簡単&絶品おつまみレシピ・さんまのトマト煮込みの作り方:耐熱容器の中でさんまとトマトソースを絡める ひと混ぜしてソースが全体に絡んだらOKワインが進む簡単&絶品おつまみレシピ・さんまのトマト煮込みが完成! 赤ワインを合わせて召し上がれ
1 2 3次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。