体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本人は世界一の「傘」好き!いつも「傘」を持ち歩く男性はなんと女性の2倍!【傘にまつわる面白トリビア】 

なる早? 実のところ、男性は傘好き。いつも「傘」を持ち歩く男性は、女性の2倍!
雨模様が気になる、梅雨の時期になりました。毎朝傘を持つか持たないか悩みますね。折りたたみ傘を会社のロッカーに入れてあっても、今日は取引先に直行という場合もあります。

そこでみんなの傘に対する意識はどうなのか、株式会社プラネットが2018年4月9日〜4月20日間の20-70代男女モニター3,600人に聞いた傘に関する意識調査結果を紹介します。

降水確率何パーセントで傘を持って出かける?

なる早? 実のところ、男性は傘好き。いつも「傘」を持ち歩く男性は、女性の2倍!
天気予報で予想する降水確率。判断するのが悩ましい、微妙なパーセンテージがあります。みんなは何パーセントで傘を携帯するのでしょうか。

傘を持って出かける降水確率

第1位 50%以上 38.7%
第2位 30%以上 18.9%
第3位 降水量に関わらず常に携帯 14.6%

「降水確率50%以上」が第1位で、全体の4割近くが傘を携帯する判断を下しています。

なる早? 実のところ、男性は傘好き。いつも「傘」を持ち歩く男性は、女性の2倍!
(C) PR TIMES

傘好きは男女どちら

では傘を携帯するのは、男女別ではどちらが多いのでしょう。突然の雨に備えいつでも持ち歩いている人は、女性は9.0%、男性は18.3%と女性の2倍でした。男性の方が備えあれば憂いなしと、慎重なようです。

また、男女共年代が上がるにつれ、傘携帯率が高くなる傾向が見られました。人生経験が多くなるとあらゆる場合を想定するのと、「雨に濡れて風邪をひきたくない」という気持ちがあるかもしれません。

常に傘を持ち歩く職業は

なる早? 実のところ、男性は傘好き。いつも「傘」を持ち歩く男性は、女性の2倍!
降水量に関わらず、傘携帯率の高い職業

第1位 公務員 23.9%
第2位 自由業 22.4%
第3位 会社員 20.9%

第1位は、「公務員」でした。公務員は日本の公務を行うため、きちんと見える服装が求められるためかもしれません。上司や同僚の手前、雨に濡れてヨレヨレという状況は避けたいのでしょう。

第2位は、「自由業」。意外な気もしますが、自由業は自分自身が会社。雨に濡れて風邪でもひいては生活に関わるということで、気をつけているのかもしれませんね。

第3位は、「会社員」。営業職は外出が多いためでしょう。取引先にずぶ濡れで行くわけにはいきませんね。会社員でも、「会社役員・経営者」になると傘携帯率は下がります。理由としては、取引先が訪ねてくる、移動は専用車になるなどが考えられるでしょう。

なる早? 実のところ、男性は傘好き。いつも「傘」を持ち歩く男性は、女性の2倍!
(C) PR TIMES

日本人は世界一の傘好き

2014年7月ウェザーニューズの「世界傘事情調査」(38,603人回答)によると、「日本人は世界一傘好き」の国民。

世界35ヵ国で年間降水日数は第13位(100日程度)なのに、傘の所持数平均は3.3本で世界一多いのです。理由としては、「石橋を叩いて渡る日本人の慎重性」、「傘の品質が良いため、壊れない」などが考えられます。筆者の住むニューヨークは、「傘携帯が面倒臭い」、「ビル風に煽られて、傘はすぐ壊れる(品質が劣る)」、「濡れても死なない(?)」と考えており、傘携帯率は低いです。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。