体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

玉城ティナ、眼鏡っ娘ミニスカJKスタイルで「ア~ン」!

何もいわずに、見てほしい。人気モデル・玉城ティナのミニスカJKスタイルを。

それは5日に都内で行われた映画『わたしに××しなさい!』完成披露試写会でのこと。

とある秘密を握られたことで、ケータイ小説家・雪菜(玉城)から恋のミッションを受け続けることになった学園一のモテ男・時雨(小関裕太)の胸キュンミッションラブストーリー。  キャスト陣は劇中衣装で登場。玉城は「普段はボブのヘアスタイルだけど、雪菜になる時はエクステを付けたり、眼鏡をかけたり、外側から役に入ったので、当時の気持ちを思い出しています」とJKスタイル生披露。それに小関も「僕は玉城さんに雪菜スタイルの印象が強いので、懐かしい」と喜んだ。 イベントでは「玉城に似合うおしゃれアイテムを借りてきなさい」、「S女子、S男子を連れてきなさい」などの借り物競争的ミッション企画も行い、玉城はS男子として山本透監督を使命。「私の隣にいる山本監督はドS」と言い放っていたゾ!  また6月8日に23回目の誕生日を迎える小関に、サプライズで“××”をあしらった特製バースデーケーキが登場し、玉城が「ア~ン」とイチゴをパクリと食べさせた。玉城は「怒られちゃう…」と小関ファンに手を合わせるも、小関は「照れちゃうけど、特別な味がした」と昇天していたゾ!

ちなみに映画『わたしに××しなさい!』は2018年6月23日(土)より全国ロードショー。劇場で眼鏡っ娘ミニスカJKの玉城ティナをじっくり堪能できる日はもうすぐだ!ViVi(ヴィヴィ) 2018年6月号
Fujisan.co.jpより

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。