体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

EXILE・関口メンディー、人生初の始球式で圧巻の133キロ記録 GENERATIONSの新曲も披露

EXILE・関口メンディー、人生初の始球式で圧巻の133キロ記録 GENERATIONSの新曲も披露

 EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBEの関口メンディーが、東京ドームで行われたプロ野球交流戦・巨人対楽天戦にて始球式を行った。

関口メンディー 写真(全5枚)

 会場に関口の名前がアナウンスされると、全身を巨人のユニホームで身をまとった関口が登場。左手首には、阿部慎之助選手からプレゼントされたリストバンドを着け、気合い十分でマウンドにあがった。

 緊張した表情でセットポジションをとると、プロ顔負けの豪快な投球を披露。133キロのストレートを真ん中やや高めに投げ込み、会場に詰めかけた観客をどよめかせた。大記録達成にも「2週間前から野球教室にも行って練習して、140キロを目指していた」と悔やんだ表情を見せながら、6歳から高3までの野球経験をもつ関口は、「当時は130キロくらいでしたので、現役の時より急速はあがっています」と、集まった報道陣の笑いを誘った。

 自己採点を聞かれると「緊張もあったのですが良いコースに投げられて、室伏広治さんが持つ131キロの記録を越えられたので70点」と辛口採点。「やっぱり140キロを出したいので、また練習して戻ってきたいです」とリベンジを誓った。

 また始球式の前には、GENERATIONSとして新曲の「F.L.Y. BOYS F.L.Y. GIRLS」と「Y.M.C.A.」のパフォーマンスを披露。現在、初の単独ドームツアーを開催中で、8月には東京ドーム公演を控えているGENERATIONS。「自分の軸となるのはアーティスト活動なので、しっかり備えて期待に応えられるように、一生懸命頑張りたい」と、“次戦”への意気込みを語った。

関連記事リンク(外部サイト)

東方神起、浜崎あゆみ、AAA、GENERATIONSがヘッドライナーに【a-nation 2018】第1弾出演アーティスト発表
GENERATIONS from EXILE TRIBE、2018年初シングル『F.L.Y. BOYS F.L.Y. GIRLS』MV公開
GENERATIONS 2018年初シングルリリース決定! C/Wは中村アン主演ドラマ『ラブリラン』の主題歌

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。