体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

韓国ヒップホップの最重要レーベル“Hi-Lite Records”とluteが業務提携

韓国ヒップホップの最重要レーベル“Hi-Lite Records”とluteが業務提携

 lute株式会社が、韓国のヒップホップ・レーベル“Hi-Lite Records”(ハイライト・レコーズ)と日本における専属契約を含む業務提携契約を交わしたことが発表された。

 “Hi-Lite Records”は、Paloalto(パロアルト)が「ローカル文化の活性化とアンダーグラウンドの発展」というスローガンを掲げて2010年4月に設立したヒップホップ専門レーベル。2013年には所属ラッパー全員が集結したコンピレーションアルバム『HI-LIFE』を発表し、韓国ヒップホップ・シーン最大の音楽賞【HIPHOPPLAYA AWARDS】にて<今年のアルバム><今年のレーベル>のダブル受賞を果たし、アンダーグラウンドを代表するレーベルとして認知された。

 同レーベルには、主宰を務めるPaloaltoをはじめ、韓国一の実力者として知られるHuckleberry P(ハックルベリーP)、 韓国の爆発的人気番組『Show Me The Money』のシーズン5でセミファイナリストまで上り詰めたReddy(レディ)、パワフルな発声と強烈なキャラクターで注目を浴びるG2(ジーツー)、音楽プロデューサーとしての顔を持ち合わせるSway D(スウェイディー)、アメリカ出身の新星、YunB(ユンビ)らが所属している。

 今回の契約によって、luteは日本におけるHi-Lite Recordsのミュージックビデオ制作やイベント出演などといったアーティスト活動の全てをバックアップすることになる。なお、Paloaltoは今回の発表について以下のようにコメントしている。

◎Paloalto コメント
こんにちは。“Hi-Lite Records”の創設者および代表取締役のPaloaltoです。弊社はラップ/ヒップホップ音楽を制作するレコード会社です。僕の音楽を理想的な環境で制作して発表するため、そして才能のあるアーティストたちを迎え入れ、彼らの創作活動をサポートするために設立し8年が経ちました。海の向こうである日本でも僕たちの音楽的才能と可能性が認められ、この度「lute株式会社」と映像コンテンツ制作支援を含むマネジメント・サポート契約を締結することになりました。
これまでも〈Hi-Lite Records〉のアーティストたちは日本でライブをしてきましたが、今後はluteと協力することで、日本のラップ/ヒップホップ・ファンに良質なコンテンツをお届けし、より多くお目にかかれることを楽しみにしております!

関連記事リンク(外部サイト)

“HI-LITE RECORDS”所属のSway D、新作EP『The Story of Hurricane』発表
“HI-LITE RECORDS”所属Reddy(レディ)、ニューAL『Telescope』を発表
Hi-Lite RecordsよりYunBが出演、【B.L.K×BRIDGE】渋谷Visionにて開催決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。