体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

足に履くミニセグウェイ? 「Hovershoes X1」は ローラースケート感覚で自在に動ける

乗り物なのか履物なのか判断が難しい、不思議なものが登場した。中国のメーカーInMotionが開発した「Hovershoes X1」。

ローラースケートのように両足にそれぞれ“履く”デザインになっているが、自律バランス技術を搭載し、体重移動などで自由自在に動けるというものだ。

・大きめのゲタ

商品名にホバーとあるが、ホバーボードは地面から浮遊する乗り物のことを指すので、厳密にいえばホバーボードの部類には入らない。

どちらかというと、自律走行するセグウェイにかなり近い。というのも足を載せるボードの下に大きめの車輪が1つあり、乗っている人の体重移動で動くからだ。

セグウェイと大きく異なるのはデザインで、Hovershoes X1はまるでゲタのような形状だ。しかし足をストラップなどで固定するのではなく、ただ置くだけ。

・パフォーマンス用?

また用途もセグウェイとは異なるようだ。セグウェイはあくまでも移動専用のツールだが、Hovershoes X1のデモビデオを見ると、移動に加え、ダンスなどのパフォーマンスを楽しむ活用方法があるようだ。

そのため、最高スピードは時速8キロとさほど速くなく、フル充電時(所要1時間半)の航続距離は8キロとなっている。

ビデオでは、ユーザーは確かにローラースケートやアイススケートのようにターンしたりジャンプしたりと自由自在に動き回っているが、難易度はやや高そう。

Hovershoes X1は7月末にも小売価格499ドル(約5万5000円)で発売される見込みだ。

InMotion

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。