体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本人画家・熊谷守一のエピソードを沖田修一監督が映画化

1806051

『南極料理人』、『横道世之介』などの沖田修一監督の最新作『モリのいる場所』が公開中。

本作は、30年もの間、ほとんど家から出ることなく、庭に生きる虫や草木を見つめ、描き続けた画家・熊谷守一の実話をもとに、沖田監督がユーモアを交えて映画化したオリジナルストーリー。

画家のモリを山崎努、妻・秀子を樹木希林が演じ、決して平坦ではなかった52年の年月を共に連れ添った老夫婦の絆と、2人を取り巻く人間模様をあたたかい目線で描き出す。

モリのいる場所
監督・脚本:沖田修一
出演:山崎努、樹木希林 ほか
(2018年/日本)
公開中
©︎2017「モリのいる場所」製作委員会
http://mori-movie.com/

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。