体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

イサム・ノグチが作品に託した“未来への贈り物”を紐解く

01 2
©The Isamu Noguchi Foundation and Garden Museum, New York / Artist Rights Society [ARS] – JASPAR. Photo by Jack Mitchell.

東京オペラシティ アートギャラリーでは2018年7月14日[土]より9月24日[月]まで、「イサム・ノグチ ─ 彫刻から身体・庭へ ─」を開催する。
イサム・ノグチ(1904-1988)は、日本人の父親とアメリカ人の母親から生まれ、世界文化を横断しながら生き、彫刻をはじめ、舞台や家具、照明器具「あかり」のデザイン、陶芸、庭、ランドスケープ・デザインまで、幅広い巨人的な活動をした20世紀を代表する芸術家。
本展では、その幅広い活動を多方面から紹介するが、特に、ノグチが抽象彫刻の分野にあっても常に“身体”を意識し続けたことや、そうした意識が、子供のための遊具デザインやランドスケープといった人間をとりまく環境へ向かい、ノグチ自身がいう“空間の彫刻”=庭園への情熱へと拡大していったことに着目する。若きノグチが北京で描いた毛筆による身体ドローイングをはじめ、モダンダンスの開拓者マーサ・グラハムとのコラボレーションによる舞台関連作品、日本で制作された陶作品や光の彫刻「あかり」のデザイン、さらには《イェール大学バイニキ稀覯書・写本図書館のための沈床園》(1960-1964)や《チェイス・マンハッタン銀行プラザのための沈床園》(1961-1964)などの庭園やランドスケープに関わる模型・資料・動画、そして晩年の峻厳な石の彫刻まで、ノグチが世界各地で手掛けた作品を通して、「異文化の融合」や「生活と環境の一体化」をめざしたノグチの活動の全容を紹介。
彫刻や舞台美術、家具、照明器具のデザイン、また陶芸、庭、ランドスケープ・デザインに至るまで、幅広い制作を行ったイサム・ノグチ。東京オペラシティ アートギャラリーの展覧会では、その多様な作品から、「異文化の融合」や「生活と環境の一体化」をめざした活動の全容に迫る。
今回のトークでは、制作協力者として長年にわたりイサム・ノグチと近しく接した方々を招き、制作現場でのエピソードや、イサム・ノグチが作品に託した“未来への贈り物”を紐解く。

イサム・ノグチ ─ 彫刻から身体・庭へ ─Isamu Noguchi: from sculpture to body and garden
http://www.operacity.jp/ag/exh211/

2018年7月14日[土]─ 9月24日[月]
東京オペラシティ アートギャラリー[3Fギャラリー1, 2]
開館時間:11:00 ─ 19:00 (金・土は11:00 ─ 20:00/いずれも最終入場は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(但し祝日の場合翌火曜日)、8月5日[日・全館休館日]

入場料:一般 1,400円(1,200円)、大学・高校生 1,000円(800円)
中学生以下無料

*同時開催「収蔵品展063 うつろうかたち ─ 寺田コレクションの抽象」、「project N 72 木村彩子」の入場料を含みます。
*収蔵品展入場券200円(割引は無し)もあり。
*( )内は15名以上の団体料金
*障害者手帳をお持ちの方および付添1名は無料。
*Arts友の会会員は無料。(会員証をご呈示ください)
*割引の併用および払い戻しはできません。

お問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル)

主催:公益財団法人 東京オペラシティ文化財団、読売新聞社、美術館連絡協議会
企画協力:The Isamu Noguchi Foundation and Garden Museum, New York イサム・ノグチ庭園美術館(ニューヨーク)、公益財団法人イサム・ノグチ日本財団 イサム・ノグチ庭園美術館
特別協賛:ジャパンリアルエステイト投資法人
協賛:ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜
協力:日本貨物航空、日本航空、日本通運
後援:アメリカ大使館


展覧会開催記念トーク「コラボレ―ターが語るノグチの制作の現場と“未来への贈り物”」

制作協力者として長年にわたりイサム・ノグチと近しく接した方々を招き、制作現場でのエピソードや、イサム・ノグチが作品に託した“未来への贈り物”を紐解く。

[登壇者]
和泉正敏(石彫家、公益財団法人イサム・ノグチ日本財団理事長)
ショージ・サダオ(建築家)
聞き手:新見隆(大分県立美術館館長、本展監修者)

[日時]
2018年7月14日[土]13:00開始 15:00終了(予定)

[会場]
パークタワーホール(東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー3階)

[定員]
200名

[お申し込み]
要事前申込  6/5[火]受付開始予定
リビングデザインセンターOZONEホームページより受付フォームにてお申込みください。
https://www.ozone.co.jp/

[参加費]
一般:1,000円

東京オペラシティArts友の会会員、CLUB OZONEプロフェッショナル会員(ユース、法人含む)は無料
*東京オペラシティArts友の会会員の方は、お申込み時に「コメント欄」へ会員番号(会員証に記載の7桁の番号)を入力してください。
*東京オペラシティArts友の会会員、CLUB OZONEプロフェッショナル会員(ユース、法人含む)は、入場時に会員証をご提示ください。
*CLUB OZONE住まいる会員は有料(1,000円)となります。

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。