体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界に誇る社交場「東京會舘」、2019年1月ついに復活!新たなコンセプトは?

建て替えのため2015年1月から一時休館していた「東京會舘」が、来年1月8日(火)に復活します。

東京會舘の歴史

東京會舘が誕生したのは大正11年(1922年)。人々の着るものが和装から洋装となり西洋文化が広まった、いわゆる大正デモクラシーの時代です。当時、「社交場」といえば一般には手の届かない世界。その中で東京會舘は“世界に誇れる、人々が集う社交場”をコンセプトとし、皇居の目の前に開場しました。

この初代本舘は、数々の歴史を体験しています。開場翌年には関東大震災で被災。丸の内一帯は震火に見舞われました。同舘も倒壊は免れましたが、外壁・内部は壊滅的状態に。復旧し、営業が再開したのは4年後でした。

太平洋戦争が勃発した1941年には「大東亜会館」に改称。1945年にはGHQに接収され「アメリカン・クラブ・オブ・トーキョー」として営業することになります。

東京五輪が開催された1964年は、「来日する人へ本物のフレンチを広めたい」というフランス政府の考えから、3ヶ月間限定のフレンチレストランがオープン。この際に腕を振るった本場シェフのレシピは後に、東京會舘の料理に大きな影響を与えることに。

1971年。“クラシックの中のモダン”を掲げ、二代目本舘が開場します。えんじ色のカーペットに特徴的な形をしたシャンデリアなど、色彩演出のこだわりが随所に見られました。

多くの偉人、著名人が集う

国内外問わず、東京會舘にはこれまで多くの著名人が足を運びました。1923年には音楽会の巨匠として知られるヴァイオリニスト、フリッツ・クライスラー氏が非公式の小演奏会を開演。渋沢栄一氏や高橋是清氏の名も芳名帳に記されています。

伝統芸能とのつながりも深く、八代目松本幸四郎氏の結婚式や九代目松本幸四郎氏(現・松本白鸚氏)の襲名披露にも利用されました。

また、芥川賞・直木賞受賞式の場である東京會舘。三島由紀夫氏は、1934年に同舘で営業を開始した日本初の鮮魚介料理店「プルニエ」の愛好家として有名です。サンデー毎日 2015年7/26号
Fujisan.co.jpより

近年では2012年に「鍵のない夢を見る」で直木賞を受賞した辻村深月氏が、直木賞を受賞する約4年前に同舘で結婚式を挙げています。辻村氏は直木賞受賞により、再び東京會舘を訪れました。

新しくて伝統的

さて、約100年という長い歴史を紡いできた同舘。来年開場する新生東京會舘のコンセプトは「NEWCLASSICS.」です。“新しくて伝統的”というこれまでにないコンセプトを掲げ、時を超えて愛される場所を目指します。

自慢のレストランは初代・二代目本館から続く味を継承した6店舗に、和とフレンチが融合した「鉄板焼會」とカジュアルなメニューを展開する「BLUE TERRACE by ROSSINI」という新しい2 店舗を加えた計8 店舗がオープンします。

バンケットは、丸の内地区最大級となる1,800名のパーティが可能に。国際規模のMICEにも対応した最新の音響機器や高性能プロジェクターも導入。さらに、ウェディングは株式会社テイクアンドギヴ・ニーズと提携し、伝統を重んじながら新たなスタイルを提案していきます。

レストラン・バンケット・ウエディングを有する複合施設として、ますます「特別な場所」となりそうです。

施設概要

東京會舘 本舘

アクセス 東京都千代田区丸の内3-2-1

公式H P https://www.kaikan.co.jp/

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。