体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

この「ビーム」は、自転車にも欲しい

この「ビーム」は、自転車にも欲しい

ドイツの自動車部品と電動工具メーカーである「Bosch」が開発した機能は、タイトルの通り、バイクだけでなく自転車にも採用して欲しい。

倒れそうになったときに初めて軌道修正をする特徴から、強引な印象も受ける。だけど汎用性は高そうだ。おそらく自転車に乗っている多くの人も転倒しなくなる。

一気にガスを噴出!

この「ビーム」は、自転車にも欲しい© Bosch

「Bosch」が開発したのは、タイヤの横滑りを検知すると同時に一気にガスを噴出させる機能。滑っている方向とは逆の力を発生させることで、バランスを取り戻す仕組みだ。

車のエアバッグのように、1回でガスを使い切ってしまうが部品さえ入れ替えれば何度でも使える。

こうしてバイクに搭載できるなら、自転車への応用も不可能ではないだろう。

路肩のアスファルトとコンクリートのつなぎ目にハマってしまったときや、縁石をうまく乗り越えられなかったときなどに役立つかもしれない。Top photo: © BoschLicensed material used with permission by Bosch

関連記事リンク(外部サイト)

あつ〜い夏でも汗をかくことなく、自転車に乗れる「未来の道路」
空調設備もあり。近未来の「自転車ハイウェイ」
たしかに「頭と自転車」は濡れない!あとは見た目だけ……

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。