体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

トヨタ自動車、資生堂とも取引実績あり!3Dバイオプリンティングに特化した北欧のスタートアップ「CELLINK」

スウェーデン第二の都市ヨーテボリで2016年に創設された「CELLINK(セルリンク)」は、3Dバイオプリンティング技術の研究開発に取り組むスタートアップ企業だ。

これまでに、米ハーバード大学やマサチューセッツ工科大学などの研究機関のほか、トヨタ自動車、資生堂、宝酒造といった日本企業を含め、世界40カ国以上で取引実績を有している。

・3Dバイオプリンター用標準バイオインクを世界で初めて開発

一般的なインクプリンターと同様、3Dプリンティングの技術を応用して細胞パターンを“出力”する3Dバイオプリンターには、その素材となるバイオインクが不可欠だ。

そこで、「CELLINK」では、世界で初めて、3Dバイオプリンター用のカートリッジ式標準バイオインクを開発。

スウェーデンの森林から得たナノ繊維状構造をもつセルロースと、ノルウェー海の海藻から生成されたアルギン酸塩を原料とし、皮膚や軟骨、肝臓、がん腫瘍など、様々な組織を出力することができる。

また、ペプチドや成長因子などを混ぜて、このバイオインクに変更を加えることも可能だ。

・インクからプリンターまで3Dバイオプリンティングのためのソリューションを提供

「CELLINK」は、バイオインクのほか、大学や研究機関、企業を主なターゲットに、最新機種「BIO X」をはじめ、これまでに3機種の3Dバイオプリンターの開発にも成功し、現在、公式オンラインショップなどを通じて販売している。

「CELLINK」は、バイオインクから3Dバイオプリンターまで、3Dバイオプリンティングのためのソリューションを幅広く提供することにより、臨床試験のスピード化や新薬の研究開発の効率化などに役立てたい考えだ。(文 松岡由希子)

CELLINK

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。