体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大阪王将がIT化!?人手不足をカバーする“職人レス”モデル店舗の出店を準備中

深刻化する飲食店の人手不足。都市部の店舗では、人材採用費用が年々高騰。外国人スタッフの雇用を進めても、追いつかない状態だ。地方の打撃はさらに大きく、人手不足のため、出店を見送るケースや閉店に追い込まれるケースが、後を絶たない。

・厨房人件費の20パーセント以上を占める仕込み作業を軽減

この状況を打破するため、立ち上がったのが、あの餃子の有名チェーン、大阪王将。新たな業態構築にあたって、大阪王将での店舗人件費を分析したところ、厨房人件費の20.9パーセントが、仕込み作業だったという。

そこで、昨年度よりスタートしたのが、“包丁レス”“仕込みレス”の取り組み。カット野菜等の導入で、仕込み作業とそこにかかる時間の軽減に努めている。

・ITの導入で“職人レス”店舗を推進

現在は、その取り組みをさらに進化させた、次世代店舗の出店を準備中。テクノロジーを駆使した“職人レス”店舗を構築し、省力化と運営の効率化を図ると発表した。レシピのIT化や多言語対応を導入し、2017年9月より、直営店でモデル店舗の検証を開始。現在6店で検証を進めているが、いずれも人件費6~8パーセントの削減につながっている。

この次世代型店舗。10月より、加盟店舗でのモデル出店を、開始する予定だ。無人スーパーやロボット接客が、着実に浸透しつつある昨今。必要な部分をデジタルで補うのは、決して悪いことではない。長年親しんだ味を残すためにも、飲食店にはむしろ、積極的にテクノロジーを取り入れてほしいものだ。

イートアンド 公式サイト

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。