体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

市原隼人、動物写真家・前川貴行の奥深い写真の世界に迫る

市原隼人、動物写真家・前川貴行の奥深い写真の世界に迫る
J-WAVEで毎週日曜夜に放送している番組『J-WAVE SELECTION』。6月3日(日)は、『J-WAVE SELECTION PIXUS TALK ABOUT PHOTOGRAPHY〜TAKAYUKI MAEKAWA creation:〜』と題し、動物写真家、前川貴行さんと、写真・カメラ愛好家でもある俳優・市原隼人さんによるトークをお届けしました!

この番組は、陸海空それぞれのフィールドで個性豊かに生きる動物たちを、約20年にわたり追い求めた前川貴行さんの集大成ともいえる写真展『前川 貴行 写真展:「creation:」』と連動。現在、写真展が開催中のキヤノンギャラリー銀座で、展示された写真を前にトークが行われました。

Takayuki Maekawaさん(@takayuki.maekawa)がシェアした投稿 – 2018年 4月月11日午前5時25分PDT

市原:ギャラリーにはすごい数の動物が飾られているんですけど、一番目に入ったのはクジラですよね。立体的で、思わず触ってしまうほどのスケールのデカさとか、色味とかがすごいきれいで。これはどのくらいの距離で撮られたんですか?
前川:これは1.5メートルから2メートルぐらいの距離ですね。ものすごい目の前で。
市原:相当近いですよね。潜りながら撮ったってことですか?
前川:そうですね、素潜りで潜りながら。
市原:空から撮ってるものとか、本当に自分が動物になったような感覚で撮ってるものや、色々な角度から撮られているんですけど。トナカイの猟の写真もリアルで、生活感とか色々なものを感じてしまうぐらい。
前川:あれはエスキモーの人たちとカリブー・ハンティングに泊りがけで行ったときに、ついて行かせてもらって。はじめ全然カリブーが見つからなかったんですけど、諦めかけたときに遠くにいるカリブーを見つけて。奥にいるエスキモーの人が撃ち取って、その瞬間ですね。まだ体も温かくて角とかも温かい状態でした。
市原:これを撮ったときってどんな感情なんですか? 一般の方から見たら、見てられないぐらいの血が出て倒れている……。
前川:そうですね。ただカリブーを獲って、肉を食べて毛皮を使ってという、生活の糧なので、現地の人が必要に迫られてやっていることなので、もうこれは一生懸命写真を撮るしかないなと思って。

1日に何千枚も撮影し、カメラを持っていないと不安になるくらい写真が好きだという市原さんは、「カメラを撮ることで、生活感もそれぞれの価値観も色々変わってきたことがある」と語ります。前川さんはこれに「写真を撮っていると、その先の出来事、その先の世界を見ようとするんだと思うんです。今まで何気なく通り過ぎていたものが、写真を撮るようになると『一体どういう意味があって転がっているのだろう』と考えるようになる」と語りました。

そんな前川さんが「初めて野生動物に出会ったな」と感じたときのエピソードは……。

前川:東北のニホンジカなんですけど、僕は昔エンジニアの仕事をしていて、20代半ばに写真家になりたくて仕事を辞めて、東北のほうを車で走っていたんですよ。岬に面した森の中をどんどん歩いていったら、デカい角をしたオスジカが現れて。東京で暮らしていたから野生動物を見ることなんてなくて、すごい大きいオスジカだったので、どうしたらいいかわからなかったし、宇宙人に出会ったみたいな衝撃を受けて。お互いジッとしていたんですけど、シカのほうがくるっと後ろを向いてスタスタと消えていったんですけどね。それでちょっとホッとしたというか、その出来事が一番最初に印象に残りましたね。
市原:そのとき写真に撮ったんですか?
前川:いや、カメラ持ってたんですけど、写真撮れなくて、全然そんな余裕がないというか。

いろいろな野生動物を撮影するなかで、危ないと感じたこともあるとか。

前川:たとえばマウンテン・ゴリラは、オスのゴリラはシルバーバックといって、ものすごく体が大きいんです。たまたまジャングルを突き進んでいたら、木によりかかって座っていたんですよ。あまり近寄りすぎると危ないので、4メートルくらい離れたところで撮っていたんです、そうしたら目の前にメスのゴリラが赤ちゃんを連れて、僕の50センチくらい前に出てきて、「チャンスだ!」と思ってそのお母さんゴリラをシャッター4回きったら、お母さんゴリラにガツっと腕を掴まれて。「ヤバい」と思ってシャッターきるのやめて、じっとして何秒か沈黙の時間があって、僕がカメラをすっと下げたんですね。そうしたらお母さんゴリラも手を離して、僕は後ずさりして1メートルぐらい下がって、お母さんゴリラも普通に戻ってリラックスしはじめたんですけど。そこから撮りはじめたんですけど、50センチくらいのところで撮っていたときは「ちょっとあんた近すぎるわよ」というふうに言われてるのかなと感じたんですよ。
市原:写真家の原点ですよね。感じる力がすごい……。
前川:それが確かなのかわからないですけどね、そんな気がしただけで。

トークでは市原さんが前川さんに、撮影技術や、プリントのこと、カメラマンのビジネスの話まで多岐にわたり質問を投げかけましたが、前川さんも写真へ情熱を傾ける市原さんに、ある質問をしました。

前川:俳優という職業をやられてて、かたやそれだけ写真に熱中されていて、表現としての共通項があったりとか、それを絡めて今後どんな活動や発表をしたいとか考えていらっしゃいますか?
市原:色々な方にみていただきたいです。自分も写真が好きですし、そのためのフィルターがカメラであって、必然的にカメラが好きになって、結局何のために撮っているのかなと思うと、土産話みたいに「こんな世界があるって知ってる?」「こういう世界見たことないでしょう」「こういう人がいるんだよ」「こういうライフスタイルがあるんだよ」と、旅をするのが好きで。
前川:写真展とかは?
市原:やったことないんです。いつかやりたいなと思って。
前川:やればいいじゃないですか。
市原:ちゃんとしたものをもっと撮って、何か感情のあるもの、芝居もそうですけど、フィルムとか映像に何を残すかといったら形じゃなくて感情を残したいんです。形だけじゃなくてその奥にあるストーリーとか物語とか感情を残したいと思うんですよね。

最後に前川さんに写真をやってよかったことを訊くと「やっぱり自分の知らない世界を次から次へと見れること」と答えた前川さん。写真家としての人生は現時点で「ちょうど半分くらい。年齢的にも、自分の感覚的にも。でも上を目指すという観点からいうと、まだまだこれからかなという感じです」と語っていました。

前川さんの写真展『前川 貴行 写真展:「creation:」』は、キヤノンギャラリー銀座で6月6日(水)まで開催中です。その後、キヤノンギャラリー名古屋、キヤノンギャラリー大阪と巡回します、ぜひ足を運んでみてください!

昨夜の J-WAVE SELECTION
PIXUS TALK ABOUT PHOTOGRAPHY〜TAKAYUKI MAEKAWA creation:〜お聴きいただけましたでしょうか。お聴き逃しの方はradikoタイムフリーで聴けます。よかったらぜひ。https://t.co/a9gUjgsDtn pic.twitter.com/J1WA3eUfj2— 前川貴行 (@TakayukiMaekawa) 2018年6月4日

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】

番組名:『J-WAVE SELECTION PIXUS TALK ABOUT PHOTOGRAPHY〜TAKAYUKI MAEKAWA creation:〜』
放送日時: 6月3日(日)22時−23時
オフィシャルサイト: http://www.j-wave.co.jp/original/jwaveplus/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。