体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アルスマグナ、舞浜での3DAYSイベントは大盛り上がり! 映像作品リリース&秋ツアーを発表

アルスマグナ、舞浜での3DAYSイベントは大盛り上がり! 映像作品リリース&秋ツアーを発表

 アルスマグナ【ARSMAGNA Special Live 私立九瓏ノ主学園 創立記念オープンキャンパス】のオフィシャルレポートが到着した。

アルスマグナ ライブ写真(全24枚)

 先日5月30日にDVDシングル『アルス・ブートキャンプ』をリリースした2.5次元コスプレダンスユニット・アルスマグナが、【ARSMAGNA Special Live 私立九瓏ノ主学園 創立記念オープンキャンパス】を舞浜アンフィシアターで開催。また、イベント最後には本公演の模様を収録した映像作品の発売と、今秋より全国ツアーを開催することが発表された。

 本イベントは6月1日~3日の3日間、FC会員限定での公開ゲネプロを皮切りに実施され、この間、隣接する舞浜・イクスピアリの映画館ではアルスマグナ主演の映画や、アルスワールドで絶大な人気を誇るK-POPスター・パクドル主演の映画が上映されるなど、“私立九瓏ノ主学園の創立記念オープンキャンパス”は舞浜の地で大いに盛り上がりを見せていた。

 神生アキラ、泉奏、朴ウィト、榊原タツキ、九瓏ケントの幼き頃と現在のメンバーの姿が通じ合うような演出の冒頭から、アルスワールド全開で幕を開けたステージ。これまでもアルスマグナのライブ・イベントを盛り上げてきた教員、スタッフ、生徒などのキャストも大集合し、一気に盛り上がりをみせる。「さあ!楽しんでこうぜ!」と、アキラの呼びかけに大きな声援で応えるアルスメイト(=ファン)も、「+♂」では大きな合いの手を送るなど共にステージを作り上げていく。また、今回のイベントでは各日違ったパートが設けられており、最終日は、アクロバティックなパフォーマンスを添えて、教祖のように振舞うかと思えば、某ホットリミット風に強風を受けて笑いを誘ったパクドル。ザ・国民的アイドルといった王道の演出に、「夢の中で会いましょう!」と黄色い声援が飛び交ったme can juke。ベタな時代劇設定で、笑いのみならず殺陣などのアクションでも魅了したケンタツ。と、各メンバーのキャラクターが最大限に活かされたコントや芝居、ライブが披露された。

 目まぐるしく展開されるイベントはあっという間に中盤へと突入。アルスの世界とアンフィシアターの会場ならではの演出で2.5次元のエンターテイメントが繰り広げられる。「ミロク乃ハナ」では和で華やかに、「カルチェ」ではムーディにと様々な色で魅了し、自らも「2.5次元って凄いね!」と語るアルスマグナ。また「勝手に親衛隊」でのお題は「プロポーズ」ということで、「やっと言えるな、結婚しようぜ」(ケント)、「明日予定空けといて、白無垢のサイズを合わせに行こう」(タツキ)、「これからは風紀だけでなく、あなたも守らせてください」(泉)などキャラクターに沿った各々のプロポーズ台詞をキメて沸かせる一幕も。そして、胸キュン・ナンバー「夏にキスしていいですか?」、タオル回しで一体となった「Eureka moment」と興奮のステージを届け、「これからもアルスと一緒に突っ走ってください!」と「果てなき道」にて本編を締めくくった。

 ブートキャンプの衣装で登場したアンコールのステージでは、5月30日にリリースを迎えた最新DVDシングル曲「アルス・ブートキャンプ」を披露。ケント先生が鬼コーチとなって喝を入れ、著名ボディメイクトレーナー・おぜきとしあき監修のダンスを会場全体で踊りシェイプアップを図っていった。また、ここでメンバー一人一人から改めてアルスメイトへ感謝などが語られる。

「これからももっともっとアルスの世界を広げられるように、榊原タツキを成長させてください!」(タツキ)
「本当に楽しいオープンキャンパスになりました! これも皆さんの応援とご協力があって、皆さんと一緒に作ったオープンキャンパスになりました!」(朴ウィト)
「アルスと、メイトの皆さんといるときはもっと楽しくて、それを感じたこのオープンキャンパスでした。」(泉奏)
「このアンフィシアターでオープンキャンパスできるというチャンスをくれたこと、まず心から感謝します。本当にありがとう。」(九瓏ケント)
「皆さんの笑顔だったり声を聞いて、今日のライブも本当に大成功だなって感じました。ここから先もっともっと、アルスマグナ面白いものを作っていきたいと思いますので、これからもよろしくお願いします!!」(神生アキラ)

 そして、最後には「High Five~Type A.R.S~」「スターメイト」を皆で歌い、この3日間、終始笑顔に包まれたオープンキャンパスは幕を閉じた。会場に桜のように舞い散るカードには、メンバーの心からのメッセージ「アルスはメイトと共に」と添えられていた。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。