体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映像作家ヴィンセント・ムーンの来日ライブ決定、牧野貴/プリシラ・テルモン出演

映像作家ヴィンセント・ムーンの来日ライブ決定、牧野貴/プリシラ・テルモン出演

 昨年末の来日公演も大盛況だったフランス・パリの映像作家、ヴィンセント・ムーンの再来日が決定した。

 アーケイド・ファイア、R.E.M.、フェニックスらのライブ・パフォーマンスを捉えた『A TAKE AWAY SHOWS』シリーズで知られ、2009年からはカメラひとつで世界を旅し、現地の伝統音楽から宗教的な儀式、新しい実験音楽までを幅広く探求し映像を制作するヴィンセント・ムーン。現在、日本における魂を震わせる表現を記録する旅、HIBIKIプロジェクトの2019年の実施を目指し、準備を進めている彼の来日ライブが2018年6月11日に東京・VACANTにて行われる。

 今回は、ディレクター、写真家、作家として活動するプリシラ・テルモンとのライブ・シネマと、ヴィンセント自身が共演を熱望した牧野貴によるライヴ・パフォーマンスが予定されている。予約は、主催のFOUNDLANDのサイトから可能となっている。

◎公演情報
【FOUNDLAND feat. VINCENT MOON + Takashi Makino】
2018年6月11日(月)東京・VACANT
18:30 open / 19:00 start
前売 3,500円 / 当日 4,000円(+1D別途)
出演:
Vincent Moon & Priscilla Telmon <Live Cinema>
牧野貴 <Live Performance>
音響:福岡功訓(Fly sound)
INFO: http://foundland.us/archives/1961

関連記事リンク(外部サイト)

トム・ヨーク、音楽を担当する映画『サスペリア』リメイク版のトレーラー映像が公開
ゴリラズ、LAで開催される【デーモン・デイズ】フェスのラインアップ発表
チリー・ゴンザレス、シリーズ最終章『ソロ・ピアノ III』リリース決定 予約特典はライブAL

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。