体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

生姜の辛味と強炭酸で刺激度をさらにアップさせた無糖炭酸の急先鋒『サントリー 南アルプス クラフトスパークリング 無糖ジンジャー』がちょうどいい理由!

 

無糖炭酸ブームが花盛り。自販機にもそれは同様で、各メーカーごとに強炭酸や無糖ゼロカロリー(糖質ゼロ)などをうたう商品がズラリ。でもちょっと待って、ほぼ無味な炭酸をお金を出して買うのは釈然としないという人もいるはず。そこで生姜の味と刺激をプラスした『サントリー 南アルプス クラフトスパークリング 無糖ジンジャー』だ。

 

本物のジンジャーエールよりも甘くない・辛すぎないからゴクゴク飲みやすい!

「自然とのふれあいによる人間性の回復」をテーマにしたスノーピークとの「山のむこう」プロジェクト共同開発商品第2弾がこの刺激的な無糖炭酸。

カロリーも糖類もなくてヘルシーでいいんだけれど、「もう少し味のあるものが欲しい」という、なかなかにわがままなユーザーの声をもとに生まれたのがサントリー食品インターナショナル『サントリー 南アルプス クラフトスパークリング 無糖ジンジャー』(500mlPET・希望小売価格 税抜124円・2018年6月5日発売)

うっすら色付き!

かつてミネラルウォーター黎明期に、「水に金が出せるか!」と心の中で叫んでいる人も多かったに違いない。今では全然珍しくないけれど、水=無料という常識がかつてはまかり通っていたもの。

それが無糖炭酸ブームがやってくると、またしても心の中で頭をもたげるのが「味がないのにお金を払うなんて…」という変なコストパフォーマンス意識。お金の分、味が欲しいというのは……、まあ、そうかも。

今回の『サントリー 南アルプス クラフトスパークリング 無糖ジンジャー』はジンジャーエール的なものと思うかもしれないが、実際は違う。近年流行ったものに、本来の正しいジンジャーエールというのがあって、そのものすごい辛さに涙目になった人も多いのではないか。記者も喉にいいかと思って、風邪を引いたときに飲んで、喉に沁みすぎて、泣いた。

かと言って、ポピュラーなジンジャーエールはサイダー的で、あまりにジンジャーの刺激はない。この程よい中間がないというところに、この『サントリー 南アルプス クラフトスパークリング 無糖ジンジャー』は、実にサクッとハマるのである。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。