体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

永瀬正敏が考える“美しい人”とは? 「人生は一回しかないから…」

永瀬正敏が考える“美しい人”とは? 「人生は一回しかないから…」
J-WAVEで放送中の番組『RADIO DONUTS』(ナビゲーター:渡辺 祐・山田玲奈)のワンコーナー「RICE FORCE BE YOURSELF」。6月2日(土)のオンエアでは、俳優・永瀬正敏さんに健康と若さを保つ秘訣に加え、6月8日(金)から公開の映画『Vision』の制作秘話を伺いました。

■リセットしてフラットに

永瀬さんに「美しい人とは、どんな人なのか」をお訊きしました。

永瀬:芯は強いけど穏やかな人は、素敵だと思いますね。人生は一回しかないから、自己投資をするのはいいと思います。素敵に暮らしたほうがいいと思うし。それだけが全てではありませんが。

そんな永瀬さんが、健康と若さを保つ秘訣は……。

永瀬:精神的なことのほうが多いかもしれないですね。家に帰ってきたらリセットする。お風呂の中でリラックスしたり、好きな映画を見たり、音楽を聴いたり、いろいろありますけど。リセットしてフラットにすることが、大事なような気がします。

■まずは住むことから

永瀬さんは昨年、カンヌ国際映画祭に出品された『パターソン』と河?直美監督の『光』に出演しました。6月だけで、出演している映画が3作品も公開されます。映画『Vision』は、永瀬さんと、フランスの名優ジュリエット・ビノシュさんとのW主演です。

ロケは河?監督の故郷・奈良県で行われました。世界中をめぐって寄稿文を執筆しているフランスのエッセイスト・ジャンヌ(ジュリエット・ビノシュ)が、リサーチのために奈良の吉野を訪れ、山を守っている智(永瀬正敏)と出会い、不思議な巡り合わせを体験していく、というストーリーです。

ふたりのほかに、岩田剛典さん(EXILE、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)、美波さん、森山未來さん、夏木マリさんらも出演しています。撮影に入る前から吉野の山で、実際に生活をしながら作品を作ったという河?組。山の暮らしについて伺いました。

永瀬:僕は山を守る、“山守”という役柄だったので、実際に吉野の山守さんにいろいろとお話を聞いて、山や森の見方が今までとは変わってきました。撮影があるなしに関わらず、ミッションが与えられるんです。毎朝、近くの神社にお参りに行くとか、畑の世話をしたりとか、劇中に登場する犬のコウの散歩をしたりということをやるんです。それをやりながら、日々暮らしていました。智の家には畑があったので、夜露のつき方とかで「ちょっと湿るかな」「雨が降るかな」ということを、なんとなく感じるように、敏感になってました。歴史をすごく感じるというか、木を育てるというのは一世代では終わらない仕事なので、僕が今植えても未来でしか成長した木を見られないということや、吉野という山は非常に神秘的な山なので、そういうことを感じながら、日々過ごしました。

山守の生活を体験して役作りをしたということで、監督は演者が役を作るというよりも、役を積んでもらう、自分に乗せていくという作業を大事にしているようです。「役者を生きるとは、こういうことなんだと思いますね」と渡辺。

さらに、 山守という役なので、体づくりのために、体重と筋肉を増やす肉体改造も行ったそうです。永瀬さんは、チェーンソーや薪割りもマスターしており、劇中でもそのシーンを観ることができます。ぜひチェックしてみてください。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】

番組名:『RADIO DONUTS』
放送日時:土曜 8時ー12時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/radiodonuts/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。