体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

トム・ヨーク、音楽を担当する映画『サスペリア』リメイク版のトレーラー映像が公開

トム・ヨーク、音楽を担当する映画『サスペリア』リメイク版のトレーラー映像が公開

 レディオヘッドのトム・ヨークが音楽を担当するダリオ・アルジェント監督による1977年のホラー映画『サスペリア』のリメイク版のトレーラー映像が公開された。

映画『サスペリア』トレーラー映像

 『君の名前で僕を呼んで』を監督したルカ・グァダニーノによるリメイク版には、ティルダ・スウィントン、ダコタ・ジョンソン、クロエ・グレース・モレッツ、そしてアルジェント版でヒロインを務めたジェシカ・ハーパーらが出演している。

 新作の舞台は1977年で、ダコタ・ジョンソン演じる若きアメリカ人ダンサーであるスージー・バニオンが、クロエ・グレース・モレッツ演じるメンバーが謎の失踪を遂げたばかりのベルリンの名門ダンス・カンパニーに到着するところから物語がスタートする。ティルダ・スウィントンは、ダンス・カンパニーのアーティスティック・ディレクターのマダム・ブラン役を演じている。
  
 トム・ヨークは、自身のTwitterに「これは僕が音楽を作った」と今回公開されたトレーラーを紹介している。トムは、過去にRAG & BONEのショート・フィルムなどの音楽を手掛けた経験がある。映画のオリジナル版ではイタリアのエレクトロ・プログレ・ロック・バンドのゴブリンが音楽を担当していた。

 グァダニーノ監督は米バラエティ誌に出した声明の中で、トムとのコラボレーションは”夢の実現”であり、「我々の目標は、心をかき乱し、自身が変わるような体験になる映画を作ることだ。この志を遂げる為にトム以上のパートナーはいなかった」とコメントしていた。

 『サスペリア』のリメイク版は、2018年11月2日に全米公開される予定で、のちにアマゾン・プライムにて配信される。

◎『サスペリア』トレイラー映像
https://youtu.be/2TERYgesykM

関連記事リンク(外部サイト)

トム・ヨークの最新ソロ・ツアーが開幕、新曲をパフォーマンス
トム・ヨーク、BB-8と対面
レディオヘッドのトム・ヨーク、テルアビブ公演に関するケン・ローチ監督の批判に反論

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。