体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

AQUOS R2は国内キャリアから6月8日に発売

NTT ドコモと KDDI は 6 月 4 日、シャープの国内向け最新フラッグシップスマホ「AQUOS R2(SH-03K / SHV42)」を 6 月 8 日に発売すると発表しました。
人気の AQUOS R シリーズでは今回で 2 作目となる AQUOS R2 は、一部がベゼルレス仕様の 6 インチ 3,040 × 1,440 ピクセルの WQHD+ ディスプレイや Snapdragon 845 オクタコアプロセッサを搭載したハイスペックモデルで、今夏の国内メーカー製品の中では最も人気がでそうな一台です。
私も欲しいと思うくらいです。
液晶にはシャープスマホで定番のフレームレートの高いハイスピード IGZO 液晶を採用しており、Dolby Vision や HDR10 バーチャルサラウンドの Dolby Atmos や、Dolby の次世代オーディオコーデック「Dolby AC-4」などの豊富なマルチメディア規格をサポートしています。
AQUOS R2 はまた、リアに 2 つのカメラを持つデュアルカメラスマートフォンで、135 度の広角レンズを持つカメラは動画用、通常画角で 2,260 万画素のメインカメラは静止画用と役割分担する方式を採用しており、動画と静止画を同時に撮影できるようにしています。
それぞれのカメラは用途に応じてチューニングされています。
国内メーカーの機種ということで、ワンセグやフルセグ、おサイフケータイ、IP68 の高レベルな防水・防塵にも対応しています。
上記の他には、4GB RAM + 64GB ROM、Micro SD カードスロット、Wi-Fi ac や Bluetooth 5、NFC、USB Type-C コネクタ、3,130mAh バッテリー を搭載しており、筐体サイズは 156 x 74 x 9.0mm、質量は 181g です。
Source : NTT ドコモKDDI

■関連記事
Googleレンズ 1.0がGoogle Playストアでリリース
Pixel 3のコードネームは「blueline」か?
Androidベースの10.3インチデジタルノート「Good e-Reader 10.3」が登場

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。